このパノラマとスケールで標高300m!?兵庫県「播磨アルプス」大縦走

このパノラマとスケールで標高300m!?兵庫県「播磨アルプス」大縦走

  • LINEトラベルjp
  • 更新日:2019/04/02
No image

このパノラマとスケールで標高300m!?兵庫県「播磨アルプス」大縦走

「ご当地アルプス」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?実は、日本の中心部に位置する北・中央・南の三つのアルプス山脈以外にも、日本各地には「アルプス」を冠する山が沢山あります。兵庫県にある播磨アルプス(高御位山)もその一つ。実は、この山は標高300m程で登山のハードルは低いものの、「アルプス」の名に恥じぬ大パノラマの稜線歩きが楽しむことができる点が魅力です。一度登れば登山にハマること間違いなし!

兵庫県高砂市から加古川市に伸びるスケールある岩稜

No image

写真:土庄 雄平

「ご当地アルプス」に共通しているのは、アルプスを彷彿とさせる山脈のような姿にあります。それは、今回の播磨アルプスも例外ではありません。標高は低いですが、どっしりとした稜線が東西に伸びており、近づけば近づくほど、その存在感を感じることができます。

No image

写真:土庄 雄平

登山口はいくつかありますが、アプローチしやすい鹿島神社がおすすめです。JR山陽本線「曽根駅」から「鹿島神社前バス停」まで神姫バスを利用できるほか、車で行く場合にも鹿島神社の駐車場を無料で利用できます。

準備を整えたら鹿島神社の裏手から登山開始です!鹿島神社本殿の右手に「鹿島~長尾ハイキングコース」という案内板があるので、それを参照してくださいね。

播磨アルプス稜線へのアプローチ「百間岩」がアスレチック!

No image

写真:土庄 雄平

標識に従い、少し登っていくと突如景色が開けてきます。標高はたいして上げていないものの、この時点で中々素晴らしい眺めを楽しむことができますよ。

No image

写真:土庄 雄平

そして目の前に現れるのは「百間岩」と呼ばれる岩盤です。播磨アルプスの稜線に至るまで、少し急斜面で続いています。初めての人は、少しびっくりするかもしれませんが、写真ほど急ではなく、一歩一歩確実に進めば危なくありません。

No image

写真:土庄 雄平

むしろ慣れれば、天然のアスレチックのような山登りを楽しむことができますよ!眼下には、高砂の町を見渡すパノラマ、横を見れば播磨アルプスの稜線。どこを見渡しても登山の醍醐味を感じられる景色が見られます。最初から気分が上がりっぱなし!

まるで2000m級のアルプス!標高は低いのに天空の大縦走!

No image

写真:土庄 雄平

「百間岩」を登り終わると、いよいよ播磨アルプスの稜線へと至ります。ここから山頂までが長いですが、もうほぼ登りは終わっているので心配はいりません。あとは、平坦な道と緩やかなアップダウンの繰り返しです。

写真:土庄 雄平

そしてこの尾根歩きこそ、播磨アルプス最大の魅力だと思います。ずっと遠くまで稜線が続き、そこを縦走する道を見渡せば、一瞬ここが本当に標高200mから300mなのか!?すごく高い山の世界にいるのではないか!?と錯覚を覚えてしまうほど!この感覚こそ、本場のアルプス登山に通じているでしょう。

No image

写真:土庄 雄平

手軽ながらも、圧倒的な高度感とスケールを楽しめる播磨アルプスの大縦走!進めば進むほど、気持ちが高ぶること間違いなし!

山頂からの眺めも抜群!播磨アルプスから見る小豆島

No image

写真:土庄 雄平

そうして「百間岩」を登り終えてから、1時間ほど進んでいくと、ようやく山頂に到達します。先ほど歩いてきた稜線を見返せば「こんなに進んできたのか!?」と達成感を感じることでしょう。

No image

写真:土庄 雄平

山頂を踏めば、そこには播磨一帯の景色が飛び込んできて、とても爽快です!山頂に到達したからこそ見られる景色、これこそ登山のモチベーションの一つでもあります。播磨アルプスの山頂は、木々がほとんどないため、瀬戸内海側の景色を思いっきり味わうことができますよ!

No image

写真:土庄 雄平

その中でも特に美しいのは夕暮れに浮かび上がる「小豆島」です。播磨アルプスは、この辺りで一番高い山のため、天気が良ければ瀬戸内海の島まで望むことができます。山頂ゴールのときに、この景色が待っていれば何とも感動的ですね。

また実は「播磨アルプス」は夜景の名山でもあります。夕日や夜景を見る場合には、ライトを持って明るいうちに登り、ゆっくり落ち着いて下山してくださいね。道に沿って歩けば、迷う心配はないでしょう。

登山をしてみたい!という人におすすめの「播磨アルプス」

No image

写真:土庄 雄平

「登山」はどこかハードルが高いイメージがあるかもしれません。体力的な問題や、装備またルートの問題など初心者にとっては注意しなければならないことが数多くあります。

しかし、この「播磨アルプス」であれば、体力やルートに迷う心配はなく、本格的な登山装備も要りません。それでいて、これでもか!?というほど登山を満喫できる山になっています。この山に一度登れば、きっと登山にハマること間違いなし!

なお「播磨アルプス」登山の確認事項を記したので、出発前に一度ご確認くださいね。
登山前に下記をチェックしてみましょう!

(1)地図を確認しましたか?(関連MEMOをご参照)

(2)装備は十分ですか?(ソールのしっかりした靴、動きやすいズボン、飲み物・食べ物)※夕日や夜景を見る場合は、ライトもお忘れなく!

(3)時間に余裕を持って計画を立てていますか?
鹿島神社から山頂までの標準タイム(片道)は1時間半です。
市ノ池公園口もしくは北山鹿島神社のある北山登山口へ下山する場合、スタートの鹿嶋神社まで戻ってくる時間は山頂から2~3時間です。

播磨アルプス(高御位山)の基本情報

住所:兵庫県加古川市志方町成井
アクセス:
神姫バスでJR山陽本線「曽根駅」から「鹿嶋神社前バス停」
加古川市・高砂市から車で30分、鹿嶋神社の無料駐車場を利用

2019年4月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

関連MEMO

高御位山 高砂市観光交流ビューロー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
三上悠亜、ぴったりニットの胸元がヤバイ 「膨らみが...」とファン撃沈
冷凍庫の氷が臭くなる意外な理由
ライフハッカー[日本版]
天木じゅん、ダルメシアン柄のセクシー水着 強調された胸に注目が集まる
割増退職金1000万円につられ42歳で早期退職したら...
"USB1本"を49万円で買った大学生の後悔
  • このエントリーをはてなブックマークに追加