ホンダ、中国専用EVのコンセプトカーを発表へ...北京モーターショー2018

ホンダ、中国専用EVのコンセプトカーを発表へ...北京モーターショー2018

  • レスポンス
  • 更新日:2018/04/17
No image

ホンダ・アコード(参考画像)

ホンダは、4月25日(一般公開は29日から)から5月4日まで開催される北京モーターショー2018にて、中国専用電気自動車(EV)のコンセプトカーを世界初公開する。

ホンダの中国における四輪生産販売合弁会社である広汽ホンダは、同社初となるEVの発売を2018年に予定しており、今回はそのコンセプトモデルを展示する。また、4月16日に中国で発表した新型『アコード』のハイブリッドモデルも初出展。また、東風ホンダからは新型セダンのコンセプトモデルを、アキュラからは世界初公開となる『CDX ハイブリッド』や中国初公開となる新型『RDX』プロトタイプを展示する。

二輪では大型FUNモデルの販売チャンネルである「ホンダ ドリームウイング」のブースを出展し、フラッグシップモデル『GL1800 ゴールドウイング』を中国初公開する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
手荷物検査なしの新幹線「日本人は警戒心がないと思ったら、そうじゃなかった」=中国メディア
日本で出版された「抗日ドラマ読本」、日本人の反応は意外なものだった―米華字メディア
<中国人観光客が見た日本>渋谷のスクランブル交差点で感じた「日本人にないもの」
これが文明国なのか・・・日本で「文明国とは如何なる存在かを知る」=香港
日本人がモバイル決済を使わない3つの理由―中国メディア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加