園田新5連覇も...世界選手権へ「勝たなきゃクビに」

園田新5連覇も...世界選手権へ「勝たなきゃクビに」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/06/15
No image

男子グレコローマンスタイル130 キロ 級決勝で優勝した園田(撮影・鈴木みどり)

<レスリング:全日本選抜選手権>◇14日◇東京・駒沢体育館◇男子グレコスタイル130キロ級ほか

男子グレコ130キロ級で5連覇した園田新(23=ALSOK)は「練習していたことができなかった。これでは世界で勝たない」と振り返った。昨年の全日本選手権と同じ顔合わせの決勝では、谷田昇大(28=和歌山県教育庁)を1分38秒でテクニカルフォール。圧倒的な強さで国内無敵を証明したが「今年の目標は世界選手権。1回も勝っていないので、まず1勝がしたい」と4回目の世界選手権出場を決めて話した。

拓大からALSOKに入社して2年目。「勝たなきゃクビになる。プロの意識をもってやりたい」と悲壮感たっぷりに話す。女子に比べて目立たない男子、フリースタイルに比べて知名度も低いグレコ、さらに日本勢の弱点とも言われる重量級。取り巻く環境は決して楽ではないが「言われても仕方ない。でも、結果を出して覆したい」すでに代表に決まっているアジア大会では「メダルをとりたい」と話していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
SSS、最後の最後に明かした引退理由は妻の逝去
新日本・SSマシン“涙”の引退試合 ワカマツ復活、夫人の死去も告白
SSマシンが最後のラリアット、内藤哲也は感慨なし
至学館大が栄和人監督を解任 谷岡郁子学長、態度に不満「まったく反省できていない」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加