【ボート】中田竜太が第3代バトルトーナメント王者 イン逃げで栄冠

【ボート】中田竜太が第3代バトルトーナメント王者 イン逃げで栄冠

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/01/14
No image

バトルトーナメントを制した中田竜太(左)とプレゼンターの渡辺直美

「BOATRACEバトルトーナメント」(14日、福岡)

1号艇の中田竜太(29)=埼玉・104期・A1=が圧倒的人気に応えて逃げ切り勝ち。今年初、通算17回目の優勝を飾り、第3代バトルトーナメント王者に輝いた。2、3着には吉川元浩(兵庫)、仲口博崇(愛知)が入り、3連単1番人気の順当決着となった。

レースは枠番抽選で勝ち取った絶好ポジションから1Mを堂々先制。しかし「ヤバイと思った」と、2号艇・吉川の艇先が視界に入り一瞬ヒヤリする場面も。ただ「正月の戸田での失敗を生かして、いい調整ができた」とバックで吉川を振り切ると、そのままVゴールを駆け抜けた。

昨年はG1V2とブレーク。グランプリの舞台にも立ったが「グランプリに出るにはまだ、自分はいろいろな面で弱すぎた」と返り討ちに。それでも下を向く暇はない。「今年も絶対グランプリに行って、去年より強くなった自分を年末に見せたい」と、優勝の喜びを分かち合ったファンに力強く宣言。逆襲の一年が始まった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日本ハム・斎藤佑、絞った74キロ サバイバルへスイーツ王子返上
日本ハム栗山監督がいま明かす「大谷との5年間、清宮とのこれから」
イチロー、日本球界に復帰する“最適球団”は古巣でも地元でもなく...
ソフトBドラ2高橋礼ダブル合格誓う 専大卒業とキャンプA組入り
日本ハムD1・清宮、リタイア...右手親指負傷で1週間練習制限
  • このエントリーをはてなブックマークに追加