神戸国際大付、夏初勝利 谷口が2打席連発 昨年準V北海下す

神戸国際大付、夏初勝利 谷口が2打席連発 昨年準V北海下す

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/08/12

◇第99回全国高校野球選手権大会第5日 神戸国際大付5―4北海(2017年8月12日 甲子園)

No image

<神戸国際大付・北海>6回裏無死、谷口は左越えソロを放つ

第99回全国高校野球選手権大会第5日は12日、甲子園球場で3試合が行われ、第3試合は春夏連続出場の神戸国際大付(神戸)が昨年準優勝校の北海(南北海道)との接戦を制し、夏初勝利。3回戦進出を決めた。

神戸国際大付は2回に先制を許すも、3回2死二塁から森田の適時打で反撃開始。6回には谷口が同点のソロを放った。7回に2点を奪われたが、その裏に谷口が2打席連続となる3ランで逆転に成功した。

投げては先発・岡野が5回2/3を投げ7安打2失点。その後は2投手の継投で1点のリードを守った。

昨夏準優勝の北海は計11安打も好機に一打が出ず、競り負けた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
不祥事・山口が謝罪 本当に検討されていた契約解除
なぜ今夏の甲子園はボールが飛ぶのか。本塁打増を解明する3つの仮説
明豊、20日準々決勝 対天理「絶対に勝ちたい」
20日の予告先発 ホークスVS楽天第3戦は辛島VS武田、DeNA濱口VS巨人畠
西武菊池の反則投球に回答「ハーフスイングと一緒」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加