iPhone 6 Plusのバッテリー交換、一部地域で「数カ月待ち」。ディスカウントの需要が原因

iPhone 6 Plusのバッテリー交換、一部地域で「数カ月待ち」。ディスカウントの需要が原因

  • ギズモード・ジャパン
  • 更新日:2018/01/12
No image

Image:iFixit

あわてないで…。

日本を含む世界中でスタートした、iPhoneのバッテリー交換プログラム。もともとは劣化したバッテリーによる性能低下が原因となったこのプログラムですが、どうやら世界の一部地域では「iPhone 6 Plus」のバッテリーの在庫切れが起きているようです。

内部ドキュメントから情報を得たとするMacRumorsによると、例えばiPhone 6 Plusではなんと3月後半から4月初旬までバッテリー在庫が復活しないんだとか。これはアメリカや一部地域での状況で、場所によっては普通に在庫がある地域もあるのかもしれません。またiPhone 6やiPhone 6s Plusでもバッテリー在庫が切れており、2週間ほど待つ必要があるそうです。

なおApple(アップル)は、このバッテリー劣化によるパフォーマンス低下の問題を非常に重要視しているようで、交換プログラムの開始時期を早めたり、またバッテリーテストの基準に該当しなくても交換するように指示するなど、できるだけ顧客の満足度に配慮しているようです。だからこそ、交換需要が殺到して部品が在庫切れしてしまったのかもしれませんね。

3,200円(税別)と約60%割引きでバッテリーが交換できる今回のプログラムですが、「交換は1台につき1回のみ」という制限があります。やったー安いぜ!と即申し込む前に、iPhoneの買い替え時期などのタイミングを考えて、一番適した時期に申し込みたいですね。交換プログラムは2018年12月まで実施されるので、焦る必要はありませんよ〜

Image:iFixit
Source:MacRumorsviaThe Verge,Apple

(塚本直樹)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Appleカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
中国の政府機関、iPhone速度低下の追加説明を要求
AppleのMacBook Airが10歳を迎えた、ノートブックの革命を作ってまだ健在
「マップ」でARを体験できるってホント? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ
iPhoneラインアップの「X」化は起きるのか、iPhone SEに注目......2018年のAppleに期待することとは?(ハードウェア前編) - 松村太郎のApple深読み・先読み
ワイモバイルのiPhoneSEがMNPで税別1万円切り。iPhone SE2待ちたいけどこの価格は...!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加