最新ランキングをチェックしよう

ミライヘノツバサ距離微妙も出たなりの競馬/菊花賞

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/10/19

単走で追い切るミライへノツバサ(撮影・山崎哲司)<菊花賞:追い切り>
ミライヘノツバサ(牡、伊藤大)はウッドで単走で追い。前半で力みがあった分、最後はやや苦しくなったが、5ハロン66秒6なら合格点。
伊藤大師は「少し速くなったが内めを回ったから。気のいいところがセールスポイントでもある。距離は正直微妙だが、小細工せず出たなりの位置でいいのかな」と本番をイメージしていた。

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
試合に負け握手もせず背を向け走り去る選手。しかし次の瞬間会場は歓声に包まれた!
公衆トイレ屋根裏に3年暮らした男 広さ約92m2に「豪邸じゃねえか!」
今度は“◯◯殺しのタンクトップ”!Gカップグラドル・森咲智美が最高ボディで魅せるセクシーショットにメロメロ
【悲報】ナオト・インティライミさん「ガチでサイコパスだった説」が急浮上
泰葉ブログで告白、小朝から「20年に渡り虐待」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加