最新ランキングをチェックしよう

ミライヘノツバサ距離微妙も出たなりの競馬/菊花賞

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/10/19

単走で追い切るミライへノツバサ(撮影・山崎哲司)<菊花賞:追い切り>
ミライヘノツバサ(牡、伊藤大)はウッドで単走で追い。前半で力みがあった分、最後はやや苦しくなったが、5ハロン66秒6なら合格点。
伊藤大師は「少し速くなったが内めを回ったから。気のいいところがセールスポイントでもある。距離は正直微妙だが、小細工せず出たなりの位置でいいのかな」と本番をイメージしていた。

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
木村佳乃の生歌に視聴者騒然!?「破壊力すさまじい」
「本当のお金持ちはバーキンを買わない」名士に嫁いだ美女が、義母から叩き込まれた知恵
【おったまげ】この「超美少女」の衝撃的職業がブッ飛びすぎていると話題に
意外な結末が...?「極小サイズを持つ男」と交際した女の体験談2つ
男子に聞く!「今まで経験したなかで一番凄かったエッチ」3つ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加