ミライヘノツバサ距離微妙も出たなりの競馬/菊花賞

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/10/19

<菊花賞:追い切り>

ミライヘノツバサ(牡、伊藤大)はウッドで単走で追い。前半で力みがあった分、最後はやや苦しくなったが、5ハロン66秒6なら合格点。

伊藤大師は「少し速くなったが内めを回ったから。気のいいところがセールスポイントでもある。距離は正直微妙だが、小細工せず出たなりの位置でいいのかな」と本番をイメージしていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
及川奈央の結婚で改めて注目される「元カレ」陣内智則が取った最低の別れ方
1万4千円の婚約指輪を店員に笑われ......花嫁の返答が話題に
中絶手術後に妻死亡 夫が記者会見
山中の斜面に一人きり 2歳女児発見時の様子が...
高須院長の“ラーメンの食べ方”に衝撃走る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加