最新ランキングをチェックしよう
最後の一文を読めば、必ず恐怖する......。死んだ元カノの「日記」を巡る、サスペンス・スリラー

最後の一文を読めば、必ず恐怖する......。死んだ元カノの「日記」を巡る、サスペンス・スリラー

  • ダ・ヴィンチニュース
  • 更新日:2019/06/18

『かげろう日記』(吉村達也/双葉社)
 日記というものは、しばしば、激しい感情を吐露する場になりうる。「誰の目にも触れない」という前提があるからこそ、なおのこと、本質的な想いが綴られる。しかし、そこに書かれてある恐ろしい感情を第三者が目にしてしまったら――。
スティーヴン・キング「音楽室」で描く、背筋凍る“わけあり”夫婦の顛末/『短編画廊 絵から生まれた17の物語』①
『かげろう日記』(吉村達也/

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「ゲーム・オブ・スローンズ 最終章」Hulu配信開始、第一章からイッキ見可能に
全編手話の『三人姉妹』がロシアから来日
ジム・パーソンズ、ライアン・マーフィ制作のNetflixドラマ「ハリウッド」に参加
「深夜食堂」松岡錠司監督が語る映像の深み<撮影現場レポート>
『ジョーカー』ぶっちぎりV2!ウィル・スミスの大作も寄せ付けず【全米ボックスオフィス考】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加