最新ランキングをチェックしよう
最後の一文を読めば、必ず恐怖する......。死んだ元カノの「日記」を巡る、サスペンス・スリラー

最後の一文を読めば、必ず恐怖する......。死んだ元カノの「日記」を巡る、サスペンス・スリラー

  • ダ・ヴィンチニュース
  • 更新日:2019/06/18

『かげろう日記』(吉村達也/双葉社)
 日記というものは、しばしば、激しい感情を吐露する場になりうる。「誰の目にも触れない」という前提があるからこそ、なおのこと、本質的な想いが綴られる。しかし、そこに書かれてある恐ろしい感情を第三者が目にしてしまったら――。
スティーヴン・キング「音楽室」で描く、背筋凍る“わけあり”夫婦の顛末/『短編画廊 絵から生まれた17の物語』①
『かげろう日記』(吉村達也/

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
平原慎太郎&OrganWorksが渾身の一作『聖獣』をふたたび
『天気の子』最速レビュー:唯一無二の新海誠ワールドがここに!
新海誠監督&RADWIMPS野田、『天気の子』世界最速上映でサプライズ登壇
新海誠監督作「天気の子」最速上映に潜入! 世界初の“目撃者”たちの感想は?
『アベンジャーズ』アイアンマン マーク50のねんどろいどが再登場
  • このエントリーをはてなブックマークに追加