横スクロールロボットアクション『機装猟兵ガンハウンドEX』PC版も販売終了へ―開発会社休業に伴い

横スクロールロボットアクション『機装猟兵ガンハウンドEX』PC版も販売終了へ―開発会社休業に伴い

  • Game Spark
  • 更新日:2018/10/12
No image

横スクロールロボットアクション『機装猟兵ガンハウンドEX』PC版も販売終了へ―開発会社休業に伴い

PLAYISMは横スクロールロボットアクションゲーム『機装猟兵ガンハウンドEX』のPC版について、2018年10月16日を持ち、Steam/PLAYISMでの販売を終了することを発表しました。

同作は、横スクロールで展開する2Dロボットアクション。10時間のプレイより30分の熱いドラマを100回プレイしてもらおう!というコンセプトの元、重厚な動きのロボットが操作次第で華麗に戦うことが可能です。

今回の販売終了は同作の開発を行ったドラキューの休業に伴うもの。先んじて2018年9月27日にPSP版の販売は終了となっていました。販売再開の見込みは発表されていません。なお、同作開発主要スタッフはその後ガルルソフトウェア研究所を設立。同作及び前作『機装猟兵ガンハウンド』の権利などはそちらに移っています。また、『機装猟兵ガンハウンド』についてはソースコードの公開及びゲームデータの無償公開が行われており、素材としての用途を含め利用することが可能です。

『機装猟兵ガンハウンドEX』はSteam/PLAYISMにおいて、1,480円にて2018年10月16日まで販売中。ドラキューはRising Star Gamesの元、『重装機兵レイノス』のSteam販売も行っていますが、こちらについては販売終了するのかどうか、現時点では明らかにされていません。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ゲームカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
『CoD:BO4』ゾンビモード4つ目のマップ「極秘」は懐かしの旧作マップ―海外メディア映像
焦りに追い込まれる一人称ホラー『The Conjuring House』リリース―ただ、生き延びろ
本田翼の『ゲーム実況』が衝撃的な「かわいらしさ」で人気沸騰!
『スプラトゥーン2』次回フェス「トリック vs トリート」はハロウィン仕様! テンタクルズやステージもお祭り気分─特別な仮装ギアもプレゼント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加