利用客の待ち時間を短縮!人工知能を活用したドコモの乗車需要予測サービス「AIタクシー」

利用客の待ち時間を短縮!人工知能を活用したドコモの乗車需要予測サービス「AIタクシー」

  • @DIME
  • 更新日:2018/02/15

NTTドコモ(以下、ドコモ)は、人工知能を活用したドコモのリアルタイム移動需要予測技術で未来のタクシー乗車需要を予測するサービス、「AIタクシー」を2月15日より法人企業向けに日本全国で提供を開始する。東京23区、武蔵野市、三鷹市では東京無線タクシーが1350台、名古屋市ではつばめタクシーグループが1150台のタクシー車両で、「AIタクシー」を活用した運行が順次開始される予定だ。

No image

「AIタクシー」は、現在から30分後までの未来のタクシー乗車需要の予測結果などのデータをオンラインで配信するサービスだ。タクシー運行データや気象データ、周辺施設(POI)データなどの多様なデータに加え、ドコモの「モバイル空間統計」のリアルタイム版(以下、人口統計データ)を活用。日本各地の性別や年齢層など、属性ごとの人数分布の移動による変化をリアルタイムに把握しながら、各データを人工知能で分析することにより、乗車需要を10分ごとに予測していく。広域で人数分布の移動による変化をリアルタイムに把握できる人口統計データと、人工知能を活用したタクシー乗車需要予測のサービスは、世界初となる。

「AIタクシー」の提供価格は、営業区域数とタクシー車両台数により異なるが、初期導入費用は30万円から、月額利用料は車両1台あたり900円前後で提供される。また、導入を検討している事業者にも試せるように、初期導入費用0円の利用期間限定のお試しプランも提供される。

期待される効果としては、

(1)AIが先読みした需要予測に基づいてタクシーが先行して向かうため、利用客の待ち時間の短縮が期待される。
(2)人数分布の移動による変化をリアルタイムに把握することにより、突発的な事由により、日常よりも人が多く滞留することで発生するタクシー需要や、通常では気づきにくい潜在的なタクシー需要の発見が期待できる。
(3)各ドライバーの運行の効率化により、タクシー事業者の収益向上に貢献する。また、これまでリアルタイムには把握しづらかった需要を伝えることで、新人ドライバーの不安を払拭。離職率の低下や、新たなドライバー確保が期待され、ドライバー不足解消、ひいては業務効率、生産性向上の一助になることも期待される。

No image

提供内容としては、

現在から30分後までのタクシー乗車に関する需要予測データなどをオンライン配信していく。

(1)オンライン配信するデータの種類
・営業区域内500m四方ごとの、タクシー乗車台数の予測値
・乗客獲得確率の高い100m四方のエリアの情報
・乗客獲得確率の高い進行方向
・普段よりも人口が多い500m四方のエリア情報

ドコモは、タクシー事業者が利用している配車システムやドライバー業務支援アプリなどに対して、上記のデータを配信。「AIタクシー」の機能を搭載した配車システムなどを通して、ドライバーに需要予測を活用した情報が提供される。
また、提供パターンは、配車システムベンダーが「AIタクシー」の機能を搭載するシステムを開発したものを、タクシー事業者が利用する場合(一般的なご利用形態)と、タクシー事業者にて「AIタクシー」の機能を搭載したシステムを開発する場合の二種類がある。

<需要予測結果を活用した情報提供イメージ例>

No image

<提供パターン>

No image

関連情報

https://www.nttdocomo.co.jp/

構成/編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「楽天カード」と「楽天PINKカード」でディズニー・デザインを採用
【本日のセール情報】Amazonタイムセールで83%以上オフも!「本革防寒グローブ」や「LGフルHDモニター」がお買い得に
シャープの大人気ロボット電話機『RoBoHoN』に命が吹き込まれる製造現場に潜入
お値段9990円!機内持ち込みサイズで44lの大容量を実現したドン・キホーテのキャスターが収納できるキャリーケース
ドンキの激安PCは?「買うべき/買ってはいけない」ノートPC
  • このエントリーをはてなブックマークに追加