G大阪・宇佐美、“ドロー沼”に終止符打つ「チームを勝たせたい」

G大阪・宇佐美、“ドロー沼”に終止符打つ「チームを勝たせたい」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2019/08/24

エースが“ドロー地獄”に終止符を打つ。G大阪は23日に敵地で鹿島戦。FW宇佐美は「チームを勝たせたい、結果を出さないといけないという良い意味での危機感がある」と気合を入れた。

No image

宇佐美貴史

現在4試合連続ドロー。「5」になれば13年のC大阪以来4クラブ目のJ1記録タイになる。勝ち切れない一因は10人相手に1点しか奪えなかった前節の磐田戦に象徴されるように得点力不足。今季複数得点を奪った試合は24試合中7試合と少なく、宮本監督も「より優位に戦うためには追加点が必要」と初ベンチ入りとなったMF高木大輔を含めて攻撃陣に期待した。

鹿島戦は最近5試合勝ち星なし。宇佐美は「決めるべき時に決めるのはマスト」と7月20日の名古屋戦以来となる得点で5試合ぶりの勝利を誓った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
CB出場続く川崎F山村和也、勝利呼ぶ移籍後初ゴール「勝つしかなかった」
鹿島FW相馬「勝たせる1ピースに」初ACLに照準
伝説のOBたちがいま明かす、埼玉サッカー界が誇る“鬼マツ”松本暁司の奥深き生きざま──
今季リーグ初先発の川崎F新井、7戦ぶり勝利へ示した「今、チームに足りないもの」
[クラブユース選手権U-18:GL第3節]長崎が大奮闘も...ドローに持ち込んだC大阪が決勝Tへ(16枚)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加