森絵都「カラフル」を実写化したタイ映画公開、「バッド・ジーニアス」俳優が主演

森絵都「カラフル」を実写化したタイ映画公開、「バッド・ジーニアス」俳優が主演

  • 映画ナタリー
  • 更新日:2019/06/28

「バッド・ジーニアス 危険な天才たち」のティーラドン・スパパンピンヨーが主演を務める「HOMESTAY」が、「ホームステイ ボクと僕の100日間」の邦題で10月5日より公開される。

No image

「ホームステイ ボクと僕の100日間」ポスタービジュアル

本作は森絵都の小説「カラフル」を、舞台をタイに移して映画化した青春ファンタジー。死んだはずの“ボク”は、「当選しました」という声をきっかけに自殺した高校生ミンの肉体に“ホームステイ”することになり、ミンの自殺の原因を100日間で見つけ出さなければ魂が永遠に消えてしまうと告げられる。ボクはミンとしてもう1度人生をスタートさせ、1台のパソコンの存在を知ったことをきっかけにミンを苦しめた残酷な現実と対峙していく。

ティーラドン・スパパンピンヨーがボクとミンを1人2役で演じ、タイのアイドルグループ・BNK48のキャプテンを務めるチャープラン・アーリークンが先輩役で出演。パークプム・ウォンプムが監督と脚本を担当した。

「ホームステイ ボクと僕の100日間」は東京・新宿武蔵野館ほか全国で順次ロードショー。

(c)2018 GDH 559 CO.,LTD.ALL RIGHTS RESERVED

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
7月21日の注目映画第1位は『映画版 ふたりエッチ ~ダブル・ラブ~』
佐藤卓×養老孟司、虫からデザインを学ぶ『虫展』開催
「クトゥルーの呼び声」「死霊の盆踊り」など“怪談”集めた特集上映
命をかけたスパイの演技にドキドキ 『工作 黒金星と呼ばれた男』で暴かれる驚愕の事実
アントン・イェルチンさんのドキュメンタリー映画に自身の楽曲も!

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加