ジュンヴァルロが逃げ切りデビュー2連勝/黄菊賞

ジュンヴァルロが逃げ切りデビュー2連勝/黄菊賞

  • netkeiba.com
  • 更新日:2017/11/12
No image

R.ムーア騎手騎乗のジュンヴァルロが2連勝

12日、京都競馬場で行われた黄菊賞(2歳・500万・芝2000m)は、先手を取ったR.ムーア騎手騎乗の4番人気ジュンヴァルロ(牡2、栗東・友道康夫厩舎)が、そのまま直線に入ってゴールまで粘り切り、2着の12番人気ケイティクレバー(牡2、栗東・目野哲也厩舎)に3/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分1秒8(良)。

さらにハナ差の3着に5番人気ドンアルゴス(牡2、栗東・庄野靖志厩舎)が入った。なお、3番人気タニノフランケル(牡2、栗東・角居勝彦厩舎)は4着、1番人気マイスターシャーレ(牡2、栗東・松田国英厩舎)は8着、2番人気ブラゾンダムール(牡2、栗東・松永幹夫厩舎)は10着に終わった。

勝ったジュンヴァルロは、父New Approach、母ウェイクミーアップ、その父Rock of Gibraltarという血統。10月8日の新馬戦に続くデビュー2連勝となった。

【勝ち馬プロフィール】
◆ジュンヴァルロ(牡2)
騎手:R.ムーア
厩舎:栗東・友道康夫
父:New Approach
母:ウェイクミーアップ
母父:Rock of Gibraltar
馬主:河合純二
生産者:ノーザンファーム
通算成績:2戦2勝

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
そうなの!? エッチのときにアソコのサイズ以外に男が気にするコト4つ
明らかになる西内まりや“ビンタ事件”の裏事情
実はほぼ全裸...ボディペインティング姿で買い物を楽しむ動画が185万回再生
レスリング吉田沙保里の恩師がひた隠す東京五輪新星の重大事故
目を逸らすな。「とんねるず」問題の裏で自殺を考えた人のいる現実
  • このエントリーをはてなブックマークに追加