積水化学、スマホの狭額縁化/薄型化に向けた工業用両面テープ

積水化学、スマホの狭額縁化/薄型化に向けた工業用両面テープ

  • 週刊アスキー
  • 更新日:2016/10/20
No image

強化された2製品の適用部位

積水化学工業は10月19日、スマホなどの狭額縁化・薄型化に向けて工業用両面テープのラインナップを拡充したと発表した。

同社では端末のカバーパネルや液晶パネル(または有機ELパネル)、基板などを固定するための両面テープを供給している。スマホなどモバイル端末の狭額縁化・薄型化を受けて、より細くて薄型のテープの需要が高まっていることを受けてのラインナップ拡充。

「超耐衝撃Narrow Bezelテープ」は主にスマホのケースとカバーパネルを接合するもので、最小幅0.7mmと従来の半分となったが、接合や防水・防塵、衝撃緩衝性能などは従来と同等という。

「遮光PETテープ」はディスプレー部材の接合に使用するもので、バックライトの光が透過するのを防ぐ。従来比30%となる厚さ0.015mmという薄型化しているが、接着剤の工夫により接合性能は従来のまま、耐熱性能を向上させている。

同社では、自動車分野でも液晶パネルの搭載などが進んでいることを受け、高温や振動に耐えられる高付加価値テープの製品開発・市場開拓を進めるとしている。

■関連サイト

ニュースリリース

積水化学工業

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ロート製薬 副業OKでも23期連続増収のワケ
町田市(の一部)、本当に神奈川県になる...ネタでもデマでもなく、本当の話です
ブレーキと間違えアクセル踏み込んでも急発進せず 「ペダルの見張り番」
【ホットロッドショー16】25周年で大盛り上がり...二輪[写真蔵]
なぜ昭和のレーサーレプリカに平成っ子たちが夢中になるの!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加