「国民栄誉賞」羽生竜王と井山七冠が会見(全文1)大変名誉ある賞、光栄です

「国民栄誉賞」羽生竜王と井山七冠が会見(全文1)大変名誉ある賞、光栄です

  • THE PAGE
  • 更新日:2018/02/16
No image

「国民栄誉賞」羽生竜王と井山七冠が会見(THE PAGE編集部)

今夕に国民栄誉賞を授与された将棋の羽生善治氏と、囲碁の井山裕太氏が、式典後の午後6時半から共同会見を行った。

羽生氏は昨年12月に7度目の竜王位を獲得。「永世」規定がある7つのタイトルすべての永世・名誉称号を得て、永世七冠を達成した。また、井山氏は去年10月に名人戦で勝利し名人位を獲得。囲碁で初めて2度めの七冠独占を果たしている。

受賞の気持ち

司会:皆さまお待たせいたしました。ただ今より羽生善治竜王、井山裕太七冠、国民栄誉賞受賞記者会見を行います。まず初めに囲碁将棋記者会を代表いたしまして、共同通信社さまよりご質問をお願いいたします。

共同通信:記者会の幹事をしております、共同通信の池松です。羽生さん、井山さん、このたびはおめでとうございます。早速ですが、私のほうからお2人に同じ質問をさせていただきます。羽生さん、井山さんの順でお答えください。それでは先ほど官邸で授与式が行われました。あらためまして受賞のお気持ちをお聞かせください。

羽生:本日、賞状、盾、記念品をいただいて、あらためて大変名誉ある、栄誉ある賞をいただいたんだなということを実感しております。これを大きな励みとして、引き続き棋士として前向きに進んでいかなくてはいけないなという決意を新たにしました。

井山:本日、国民栄誉賞授与させていただきましたけれども、本当に自分にとっては身に余る光栄で、いまだに実感という意味ではまだちょっと湧かない部分もあるんですけれども、棋士としてまだまだこれからですので、この受賞を、今後に非常に期待していただいているというふうに解釈しているんですけれども、少しでも成長していけるように、棋士としても、1人の人間としても努力していかなければいけないなというところです。

将棋囲碁界では初めての受賞ということについて

共同通信:今回、将棋囲碁界では初めての受賞となったんですか、そこについてはどのようにお考えでしょうか。

羽生:将棋の世界、囲碁の世界も同様に長い歴史と伝統を有している。その背景も含めて評価をしていただけたのではないかなというふうに思っています。そういった意味でも、個人のということではなくて、1つの世界としての大きな形をいただいたというふうに認識しています。

井山:羽生先生と重なる部分も多いですけれども、囲碁界も将棋界も本当に長い歴史があって、今までこの世界を支えてきてくださった方々、そしていろいろな方々にとっても私たち、今、現役の棋士にとっても本当に光栄なことだというふうに思っております。

今後どのような世界にしていきたいのか

共同通信:お2人の活躍がありまして最近、将棋と囲碁っていうのが大変注目されておりまして、今後どのような世界にしていきたいのか、なっていくのか、そこら辺についてのお考えをお聞かせください。

羽生:将棋も囲碁も小さいお子さんから、年配の方まで幅広い人が気楽に、気軽に楽しめるものだというふうに思っています。日々の生活の中のちょっとしたコミュニケーションであるとか、あるいは潤いであるとか、気分転換であるとか、そういうものとしてこれから先も、きちんとした形で継続していってほしいなということを願っています。

井山:囲碁の世界は世界的にもどんどん普及しておりまして、世界にも愛好家が非常に多いんですけれども、そういう国境であったり、そういうものを超えた、そういう国と国とのつながりであったり、そういうところに少しでも囲碁がお役に立てれば、非常にうれしく思いますので、そういう意味でも囲碁界全体として、今後も努力していかなければいけないなというところです。

今後の目標

共同通信:これまで数々の快挙を成し遂げられたお2人なんですけれども、棋士として今後の目標をお聞かせください。

羽生:なんて言うんでしょうかね。将棋の世界というのは非常に幅広い年代の人がいますので、自分自身はもうすでに現役棋士になって30年以上の月日は流れていますけれども、年代が上がっていっても残せるものとか、指せる将棋というのもあるのではないかなというふうに思っていますので、自分なりのできうる限りの限界というものに挑戦していけたらいいなというふうに思っています。

井山:私は囲碁を打っていても、まだまだ本当に囲碁のことを分かっていないと思うことが非常に多くて、その分まだまだ、自分自身、伸びしろもあるというふうに思っているので、少しずつでも前進していけたらなというのがありますし、やはり囲碁には世界戦がありまして、そこでなかなか、ここ、長い間、ちょっと日本としてもいい結果が残せていない状況が続いていますので、そういうところで少しでもいい戦いができるように、もう一度、日本の囲碁を復活といいますか、結果という意味で日本の囲碁もやれるんだというところを示せるように、今後も頑張っていきたいなと思います。

共同通信:ありがとうございました。私のほうから以上です。

司会:ありがとうございます。それではここから皆さまの質疑応答とさせていただきます。ご質問のある方は挙手をお願いします。こちらでご指名させていただきますので、マイクが渡りましたら御社名、お名前をおっしゃっていただき、その後、ご質問をください。ご質問のある方はいらっしゃいますでしょうか。じゃあその真ん中、センターの方。

安倍総理からの言葉にどのような返事をされたのか

読売新聞:読売新聞の【カワムラ 00:21:00】と申します。受賞、おめでとうございます。安倍総理と表彰式後にしばらく懇談があったと思うんですけれども、どういう声を掛けられて、逆にどういうお返事を返されたというような話が、もし教えていただければ。

羽生:国民栄誉賞の受賞、大変おめでとうございますというお言葉をいただきました。私も、大変名誉ある、栄誉ある賞をいただいて光栄です、という返事をいたしました。

井山:はい。私もそのように、はい(笑)、すいません。

司会:ほか、ございますでしょうか。一番前の。

記念品について

東京新聞:東京新聞の樋口と申します。今日はおめでとうございました。記念品についてお伺いしたいんですけど、今回すずり箱、筆、そして墨ということで、お2人が揮毫をされる機会が多いということで選ばれたかと思うんですけども、まずはこのお品はお2人からのご希望のようなのがあったのかというところと、お受け取りになられて、物を見た感想について伺ってよろしいでしょうか。

羽生:やはり筆を使って書く機会が多いというこで、とても素晴らしい賞に関する一式をいただきました。ただこの記念の品であるので、なんかちょっともったいなくて使えるような感じはないかなとは思っています。

井山:そうですね、私もやはり非常に書く機会が多いので、これを機にもう少し書のほうも勉強しようかなというふうに思っています。

司会:ほか、ございますでしょうか。センターの。

【連載】「国民栄誉賞」羽生竜王と井山七冠が会見 全文2へ続く

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
左手にスマホ右手に飲み物で左耳にイヤフォンのまま自転車に乗り77歳女性を死なせた女子大生に怒りの声
40m超の暴風・猛吹雪に警戒 今年一番の強い風に
【報ステ】自ら何度も救助要請するも...車内で死亡
ビートたけしが泰明小学校の校長に怒り 「ちゃんと床屋に行きなさい」に称賛の声
武装工作員を制圧せよ! 陸自と茨城県警が治安出動訓練
  • このエントリーをはてなブックマークに追加