東京為替:ドル・円はほぼ横ばい、米長期金利は上げ渋り

東京為替:ドル・円はほぼ横ばい、米長期金利は上げ渋り

  • FISCO
  • 更新日:2017/11/14
No image

株式会社フィスコ

ドル・円は113円60銭台でほぼ横ばい推移が続く。米10年債利回りは午前中に一時2.4126%まで上昇したが、足元は2.3984%付近に失速しており、ドル買いは仕掛けづらい。一方、米ダウ先物は下げ幅を縮小し、敢えて円買いもしづらいようだ。

ドイツの7-9月期GDP速報値は予想を上回る伸びとなった。以前より政府関係者から示唆があったせいか、ユーロ買いはあまり目立たず、ユーロ・ドルは1.1684ドルまでの上昇にとどまっている。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は113円56銭から113円73銭。ユーロ・円は132円49銭から132円78銭、ユーロ・ドルは1.1662ドルから1.1684ドルで推移。

<KK>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
積雪時の自動運転、車は電磁誘導線や磁石を読み取れるか---実証実験へ
大塚家具 久美子社長と父親との親子ゲンカ以降、90億円もの預金が消えた
"年間1.6億人"が来るサイゼリヤの客単価
次世代タクシーがお目見え! それに伴い、欠かせない「アレ」もリニューアル?
「いきなりステーキ」株価いきなり大高騰の理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加