最新ランキングをチェックしよう
第158回芥川賞は石井遊佳「百年泥」と若竹千佐子「おらおらでひとりいぐも」、直木賞は門井慶喜「銀河鉄道の父」に決定

第158回芥川賞は石井遊佳「百年泥」と若竹千佐子「おらおらでひとりいぐも」、直木賞は門井慶喜「銀河鉄道の父」に決定

  • ほんのひきだし
  • 更新日:2018/01/17

日本文学振興会は1月16日(火)、第158回芥川龍之介賞・直木三十五賞の選考会を東京・築地「新喜楽」で開き、芥川賞に石井遊佳さんの「百年泥」(新潮11月号)と若竹千佐子さんの「おらおらでひとりいぐも」(文藝冬号)、直木賞に門井慶喜さんの「銀河鉄道の父」(講談社)をそれぞれ選出しました。石井遊佳さんと若竹千佐子さんは初ノミネート、門井慶喜さんはノミネート3回目での受賞となります。
なお芥川賞受賞作「

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

漫画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
おじさまと売れ残った猫の心温まる日々描く「おじさまと猫」1巻、描き下ろしも
幸せそうな姿に泣けてくる!Twitterで話題の紳士×ブサ猫漫画『おじさまと猫』待望の第1巻が発売【描き下ろし60ページ以上収録!】
匿名の悪口が過去の遺物に......現代ネット社会を風刺したマンガに共感の嵐「マジでこうなってほしい」
『仮面ライダーアマゾンズ』完全新作オリジナルエピソードを漫画化
「不能犯」の神崎裕也、新連載は「BTOOOM!」のスピンオフに決定
  • このエントリーをはてなブックマークに追加