弾劾可決による職務停止を避けたいとの思いが...

弾劾可決による職務停止を避けたいとの思いが…

  • テレ朝news
  • 更新日:2016/11/29
No image

疑惑に関する説明は先送りしました。韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が条件が整えば辞任する意向を示しました。

(高橋政光記者報告)
(Q.なぜこのタイミングで会見をして進退に関することを話したのか?)
早ければ来月2日にも国会での弾劾(だんがい)可決による職務停止をどうしても避けたいとの思いが強く感じられます。野党は今月30日にも弾劾を発議し、採決に持ち込む方針でした。この採決に必要な国会議員3分の2を確保するには与党からも28人以上の造反が必要ですが、28日までに40人程度の造反が見込まれていました。ただ、29日の朴大統領の会見を受け、与党・セヌリ党の院内代表は「退陣要求に対する答えをくれた」と話していて、対応を見直す議員が出てきそうです。一方、野党側は「弾劾を避けるためのごまかしだ」としていて、弾劾の手続きを進める方針で、与野党の攻防が新たに生まれそうです。
(Q.これで韓国の国民の怒りは収まるのか?)
一連の疑惑発覚後、自らの進退について初めて話したということで理解を示す人もいますが、ほとんどの国民が納得できない状況が続きそうです。国のトップとして、最も重要な進退についてこれだけ疑惑が浮上しているにもかかわらず、国会に丸投げしたわけなので、責任回避としてさらに批判が強まりそうです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
蓮舫代表 会期末に内閣不信任案を提出に前向き
地方議会の“巨悪”とガチンコ勝負。百条委公開求めた証人が告発される本末転倒
石破茂元幹事長、衆院1月解散「十分ある」
小池百合子知事、政治塾で初めて「都議選に候補者擁立」を宣言
「部落差別解消推進法」が成立
  • このエントリーをはてなブックマークに追加