最新ランキングをチェックしよう
東京大学、空間にある物理量を3Dプリント可能なデータに変換する技術を開発

東京大学、空間にある物理量を3Dプリント可能なデータに変換する技術を開発

  • 週刊アスキー
  • 更新日:2016/11/30

東京大学物性研究所とクロスアビリティは11月30日、空間に分布する物理量を3Dプリンターで出力可能なドットデータに変換するプログラムを開発したと発表した。また同日からクロスアビリティは、同技術を適用した分子模型の制作の受注を開始した。

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
ガストの弁当にカエル混入 すかいらーくが謝罪
危険タックル指示「井上コーチ」 高校から宮川選手の「恩師」だった
“フミヤの息子”フジ藤井弘輝アナの「あるまじき失態」に批判殺到!
日大・宮川選手(20)が記者会見 テレビ局の遠慮ない「顔のアップ」に批判の声
被害選手の父親が毅然と会見 「つぶせ、壊せ、殺せと息子に言われたら、どの親も起こる!」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加