最新ランキングをチェックしよう
東京大学、空間にある物理量を3Dプリント可能なデータに変換する技術を開発

東京大学、空間にある物理量を3Dプリント可能なデータに変換する技術を開発

  • 週刊アスキー
  • 更新日:2016/11/30

東京大学物性研究所とクロスアビリティは11月30日、空間に分布する物理量を3Dプリンターで出力可能なドットデータに変換するプログラムを開発したと発表した。また同日からクロスアビリティは、同技術を適用した分子模型の制作の受注を開始した。

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
iPhoneを挿すだけで8万円も稼げる「諭吉ケーブル」って?謎のサイトに登録してみた
日本で使ったら絶対に捕まるクラウドファンディング製品3選
一人乗り“空飛ぶ車”「Kitty Hawk Flyer」、年内発売へ
電池容量アップで90kmまで走れる!ブリヂストンの電動アシスト自転車『リアルストリーム』
雨の中で音楽を聴こう―重低音の防水ミニスピーカー、ソニーから
  • このエントリーをはてなブックマークに追加