最新ランキングをチェックしよう
東京大学、空間にある物理量を3Dプリント可能なデータに変換する技術を開発

東京大学、空間にある物理量を3Dプリント可能なデータに変換する技術を開発

  • 週刊アスキー
  • 更新日:2016/11/30

東京大学物性研究所とクロスアビリティは11月30日、空間に分布する物理量を3Dプリンターで出力可能なドットデータに変換するプログラムを開発したと発表した。また同日からクロスアビリティは、同技術を適用した分子模型の制作の受注を開始した。

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「ご確認」メール、開けると危ない! 業務装うウイルス蔓延
ソフトバンクのスマホ、気付いたら見覚えない料金が毎月引き落とし...無料キャンペーンの罠
Amazon、ユニークなガジェットが買える専門ストア「Launchpad」開設でスタートアップを支援
画素密度3415ppi、あのスマートグラスでアダルトビデオを試してみた!
トヨタ ヤリス に210馬力モデル、WRCイメージ反映...ヴィッツ は?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加