最新ランキングをチェックしよう
東京大学、空間にある物理量を3Dプリント可能なデータに変換する技術を開発

東京大学、空間にある物理量を3Dプリント可能なデータに変換する技術を開発

  • 週刊アスキー
  • 更新日:2016/11/30

東京大学物性研究所とクロスアビリティは11月30日、空間に分布する物理量を3Dプリンターで出力可能なドットデータに変換するプログラムを開発したと発表した。また同日からクロスアビリティは、同技術を適用した分子模型の制作の受注を開始した。

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
マグネットでピタッと貼り付け、縦横2.5cmの小型防犯カメラ
意外と知らない「Microsoft Edge」の便利な拡張機能6選
「Firefox 55」正式版がリリース、WebVRに対応しパフォーマンスも劇的に向上
マイニングモードを備える高耐久マザーがASUSから登場
ニンテンドースイッチのJoy-Con、特許侵害で提訴。Gameviceが生産および販売停止と損害賠償を求める
  • このエントリーをはてなブックマークに追加