最新ランキングをチェックしよう
東京大学、空間にある物理量を3Dプリント可能なデータに変換する技術を開発

東京大学、空間にある物理量を3Dプリント可能なデータに変換する技術を開発

  • 週刊アスキー
  • 更新日:2016/11/30

東京大学物性研究所とクロスアビリティは11月30日、空間に分布する物理量を3Dプリンターで出力可能なドットデータに変換するプログラムを開発したと発表した。また同日からクロスアビリティは、同技術を適用した分子模型の制作の受注を開始した。

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
100万量子ビットの処理も可能な光量子コンピュータの実現法 - 東大が発明
人間用のドライブレコーダー「Shonin(証人)」
ソフトバンクがiPhone 8で料金攻勢。20GBより安い50GB、iPhone X「半額」、新家族割も
元気活発な小型犬の名前をつけたPocketBeagleは今の市場で最小のシングルボードコンピューターだ
7年ぶりの新作トラックボールマウス「MX ERGO」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加