最新ランキングをチェックしよう
終戦後、孤島に32人の男と1人の女が......「アナタハンの女王」事件に日本中が熱狂するまで

終戦後、孤島に32人の男と1人の女が......「アナタハンの女王」事件に日本中が熱狂するまで

  • 文春オンライン
  • 更新日:2019/08/13

2004~2007年に雑誌「新潮」に連載された桐野夏生さんの小説「東京島」は、暴風雨で乗っていたクルーザーが大破した女が夫とともに孤島に流れ着く。その後、日本人の若者グループや謎めいた中国人グループが漂着。島にいる人間は男31人に対し、女は彼女1人に。そのうち、夫をはじめ、男たちが次々不可解な死を遂げ、島からの脱出をめぐって人間関係が錯綜し、崩壊し、再生するストーリー。
【写真】出迎えの人たちに船

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
島崎和歌子 自称有名ブロガー女性から写真を求められた...オフだったので断ると...
閉経するとこんなに変わる「膣の状態」。カサカサ、かゆいは当たり前?
ダイソー「加湿器」が“想像超える便利さ&楽ちん&かわいすぎる”と大人気!
「恋んトス」“史上最年少ギャル”ちなみ、妊娠を報告
韓国GSOMIA終了せず、韓国の反応は
  • このエントリーをはてなブックマークに追加