北海道1か月 厳しい寒さ、まだある!

北海道1か月 厳しい寒さ、まだある!

  • tenki.jp
  • 更新日:2018/02/15

15日、札幌管区気象台は1か月予報を発表しました。気温は平年より低いでしょう。強い寒気が流れ込む影響で、あと数日は厳しい寒さとなる日がありそうです。しかし、2月の終わり頃から次第に寒気の影響は小さくなり、寒さは幾分和らいでいきそうです。日本海側では、2月中は平年より雪が降りやすいため、降水量は平年より多く、日照時間は平年並みか少ないでしょう。太平洋側とオホーツク海側は3月になってから天気が崩れやすくなる予想のため、降水量は平年並みか多く、日照時間は平年並みか少ない見込みです。

No image

北海道の1か月の天気傾向

週ごとの詳しい天気

(2月17日~2月23日)
17日(土)~18日(日)にかけては荒れた天気となるでしょう。雪を伴った風が海上を中心に非常に強く、海はしけるでしょう。ふぶきや吹きだまりによる交通障害、強風、高波に十分注意してください。また、流氷の動きが激しくなるため、注意が必要です。19日以降も日本海側は雪の降りやすい天気が続くでしょう。太平洋側とオホーツク海側は天気の大きな崩れはなく、晴れる所も多くなりそうです。気温は平年並みか低く、特に18日(日)は再び厳しい寒さとなるでしょう。この1週間が厳しい寒さのピークとなりそうです。
(2月24日~3月2日)
引き続き、大陸からの寒気の影響は受けるため、日本海側では平年に比べて雪の降る日が多い見込みです。一方、太平洋側やオホーツク海側では平年と同様に晴れる日が多いでしょう。気温は平年より低い見込みです。しかし、寒さのレベルはワンランク下がるため、寒さが幾分和らいだと感じられる日が増えそうです。
(3月3日~3月16日)
冬型の気圧配置は平年より弱いため、日本海側では平年より雪の降る日が少ない見込みです。一方、太平洋側やオホーツク海側では湿った空気が流れ込む影響で、平年に比べて曇りや雪の日が多くなるでしょう。気温は平年並みか高い予想で、急に春の空気を感じられるようになりそうです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【報ステ】102歳男性が自殺...東電に賠償命令
確定申告する人は必読!税務調査で調査官を論破&勝利したギャンブラー
左手にスマホ右手に飲み物で左耳にイヤフォンのまま自転車に乗り77歳女性を死なせた女子大生に怒りの声
“神がかり”センター試験満点の日比谷高・現役生 サッカー部で...
「誰だ、上野駅で粗相したのは...」 相次いだツイッター報告をJR東に聞いた
  • このエントリーをはてなブックマークに追加