西武松本 現状維持の500万円 フォーク習得励む

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/12/05

西武松本直晃投手(27)が5日、メットライフドーム内で契約交渉に臨み、現状維持の500万円で更改した。

2年目の今季は1軍登板なし。「ファームでも納得いく結果を残せなかった。苦しかったですし、新たに考えさせられる年になった」と振り返った。

来季に向け、あらためて決め球としてフォークの習得に励む。「今年も取り組んでいたが、取り組み方が甘かった。もっとしっかりやらないといけない。1つ1つの球種に特別なものがないので、球の使い方ももっと考えないといけない。来季は1軍で30試合(登板)を目標にやっていきたい」と引き締めていた(金額は推定)。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ホークスで日本一貢献のデスパイネ、2017年のキューバ最優秀選手に選出
オリD6・西浦、“イチ品級”ボディーだ!「体脂肪率は5%です」
糸井、42盗塁宣言「倍走ります!」公約未達成なら漫談?
1000人が選んだ「2017年の重大ニュース」ランキング
日本ハムドラ7宮台「東大卒業」決まった~!90単位取得
  • このエントリーをはてなブックマークに追加