市役所で書類燃える不審火 現場から油のような臭い

市役所で書類燃える不審火 現場から油のような臭い

  • テレ朝news
  • 更新日:2018/04/17
No image

動画を見る(元記事へ)

京都府内の市役所の1階で書類が燃える不審火がありました。

福知山市役所などによりますと、16日午後11時半ごろ、市役所1階の部屋で保管していた福祉保健部の書類や書棚の一部が燃えました。火は10分ほどで消し止められ、けが人はいませんでした。当時、庁舎の入り口にはすべて鍵が掛かり、外部から侵入できない状態でした。出火現場からは油のような臭いがしたということです。
通報した警備員:「臭いは確かにしていた。白い煙が出てきた」
周辺に火の気がないことから、警察は放火の可能性も視野に原因を調べています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
B’zの消えたギター発見 20年ぶりに松本孝弘の元へ戻り「奇跡の再会」
酒気帯び疑いで出勤途中逮捕 前夜の酒が抜け切れず
「ナッツ姫」「水かけ姫」姉妹の母親が「暴言女王」 韓国財閥ファミリー御乱行に国民大興奮!
中央道が「中央高速道路」から「中央自動車道」に格下げになったのはなぜ?
G7会場近くで歩行者に車突っ込む 9人死亡16人けが
  • このエントリーをはてなブックマークに追加