サイバー犯罪防止へ 警視庁と「ぴあ」が協定を締結

サイバー犯罪防止へ 警視庁と「ぴあ」が協定を締結

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/09/16
No image

動画を見る(元記事へ)

インターネット上でのチケット販売を巡るサイバー犯罪を防止するため、15日に警視庁とチケット販売大手「ぴあ」が協定を締結しました。

今年4月、サイバー攻撃を受けたプロバスケットボール「Bリーグ」のチケットサイトなどから、顧客のクレジットカード情報が流出しました。これを受けて警視庁とチケット販売大手「ぴあ」が15日に締結した協定では、サイバー攻撃があった際、警視庁とぴあで被害の情報を共有していくことなどが定められています。迅速な対処と被害の拡大を防ぐことが狙いです。警視庁は2020年の東京オリンピック・パラリンピックの観戦チケットを安全な環境で購入できるよう、チケット販売会社との連携を強化する方針です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
豊田真由子氏の秘書また退職 復帰後にお礼やねぎらいの言葉なく...
大卒より高卒が有利になるってホント?
マンション6階ベランダで遊んでいた1歳女児が転落死
なぜ40~50代男性は自殺するのか?身近の元気な人が突然自殺、こんな兆候は危険
「ブラック企業リスト」427社に 賃金未払いなど相次ぐ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加