年末ジャンボ10億円を狙う東西の「激ツキ売り場」

年末ジャンボ10億円を狙う東西の「激ツキ売り場」

  • NEWSポストセブン
  • 更新日:2016/12/01
No image

『卸商(おろししょう)団地CC』の伊藤さんが明かす高額当選者の共通事項は「身なりのしっかりした人」

東京都心で11月中に初雪を観測したのは実に54年ぶり。11月24日、各地の宝くじ売り場では寒さをものともしない熱狂的な宝くじファンが長蛇の列を作った。その日発売がスタートした年末ジャンボ宝くじは、1等・前後賞合わせて10億円が当たるビッグチャンス。女性セブン宝くじ担当K記者は、大晦日に幸運をもたらす「年末に強い売り場」を探して東奔西走してきました!

東は東北・宮城県。『卸商(おろししょう)団地CC』(仙台市)は2014年の年末ジャンボで1等・前後賞合わせて7億円、昨年も1等・前後賞合わせて10億円と、日本に数ある売り場の中で唯一、2年連続年末で大当たりを出している。

「ジャンボ宝くじの発売前には、近所にある『卸町(おろしまち)神社』に必ず当せん祈願に行っています。この神社のご祭神は天照大神と、金銀財宝と施福の神である金山尾古神(かなやまびこのかみ)と金山比売命(かなやまひめのみこと)。お金や商売を見守る神様に、宝くじ売り場が商売繁盛しますように、お客様に福と財宝が訪れますようにと祈っています」(森田重人店長)

オープンから30年以上経つ老舗だが、当初は高額当せんを連発する有名売り場ではなかった。

「記録上では、億当せんは2004年のサマージャンボ1等2億円の1回だけでした」(前出・森田店長)

2014、2015年の連続当せんの陰には、“女神”の存在があった。販売員の伊藤幸美さんは照れ笑いしながらこう話す。

「連続当せんが始まる前年からこの売り場で働き始めたので、私のことを『幸運の女神』と言ってくださるお客さんが多いんです。“伊藤さんだからイットウ(1等)だ”なんてダジャレを言うお客さんもいて(笑い)。私を含め4人の販売員で、3年連続1等当せんを達成したいですね」

No image

『ゆめタウン夢彩都CC』の開運グッズは両方キンピカ!

連続当せんを狙う東の『卸商団地CC』に対して、西は貯め込んだ運気の大フィーバーに期待が膨らむ『ゆめタウン夢彩都CC』(長崎県長崎市)。

「2001年4月にオープンし、今年で丸15年を迎えました。日本周遊のクルーズ船が停泊する船着き場も近く、地元だけでなく全国からお客さんがいらっしゃいます」(濱野豊店長)

こちらの売り場も年末ジャンボで高額当せんの実績を持つ。2007年と2008年に2等1億円。2010年には1等・前後賞合わせて3億円が飛び出した。

「ここ5年ほど億当せんから遠ざかってしまっていますが、それもすべては今回の年末ジャンボで10億円を出すため。ずーっと運気を貯めてきたってことなんですよ。当せん祈願は市内にある鎮西大社諏訪神社で行っています。毎年10月に『長崎くんち』という祭礼が行われ、祀られているご神体が本宮と御旅所を往復するといわれているんですが、この売り場はご神体が通るルート上にあるので、パワースポットでもあるんですよ」(前出・濱野店長)

『ゆめタウン夢彩都CC』の「幸運の女神」はベテランだ。販売員歴22年という川島真紀子さんは、2006年に同売り場に移り、2007、2008年の連続当せん、2010年の年末ジャンボ1等当せんを見届けている。

「売り場に置いてある開運グッズの招き猫の頭をなでたり、神社でもらったお札をなでたりして高額当せんが出るよう祈りながら販売しています。私から宝くじを購入したい、とご指名くださるお客さんもいて嬉しい限りです」

年末ジャンボの発売期間は12月23日まで。

※女性セブン2016年12月15日号

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
悠仁さまを乗せて追突事故! 宮内庁運転手の気の毒な処遇
千葉大医学生も! 有名大で強制わいせつ・強姦事件が続出〜被害者の「セカンドレイプ」を防ぐには
溺死の少年「帰ってこなければ迎えに来て」
寝屋川市でひき逃げ、大学生が意識不明に
山中の斜面に一人きり 2歳女児発見時の様子が...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加