PDFに入れる注釈を見やすくカスタマイズする方法

PDFに入れる注釈を見やすくカスタマイズする方法

  • ASCII.jp
  • 更新日:2018/02/15

本連載は、Adobe Acrobat DCを使いこなすための使い方やTIPSを紹介する。第46回は、注釈のポップアップを用途に合わせてカスタマイズしよう。

No image

打ち消し線やハイライトの色を変えてみる

PDF文書をレビューしたり校正する際に入れる注釈は、用途に合わせて見やすくカスタマイズしたいところ。たとえば、Acrobat DCの打ち消し線はデフォルトで青色だが、赤色にしたいということもあるだろう。基本的に、色や透明度は注釈のプロパティ画面からカスタマイズできる。

No image

取り消し線の右クリックメニューから「プロパティ」を開く

No image

色のパレットをクリックする

No image

赤色を選択し、「OK」をクリックする

No image

取り消し線が赤色に変更された

毎回、プロパティを開くのが面倒なら、デフォルトに設定してしまうこともできる。プロパティ画面の下にある「プロパティをデフォルトとして使用」にチェックすればいい。次回以降は、自動的にその設定が適用されるようになる。

No image

ハイライトのプロパティから色や透明度を変更する

No image

「プロパティをデフォルトとして使用」にチェックして、「OK」をクリックする

No image

ハイライトの色と透明度が変わり、次に付けたハイライトも同じ設定になった

複数の注釈をまとめて設定してみる

複数の注釈をまとめて設定することも可能。Ctrlキーを押しながら複数の注釈をクリックしていき、最後に右クリックメニューからプロパティを開く。その設定画面で設定した内容が一発で反映されるので手間が省ける。同一の注釈だけでなく、異なるタイプの注釈もまとめて選択し、色を変更したりできる。

仕事で使う文書は、統一感が大切。社内で回し読みして、複数人が適当な色で注釈を入れてしまった場合などに、まとめて設定しておきたい。

No image

複数項目を選択し、プロパティを開く

No image

色を変更すると、まとめて適用される

注釈をグループ化する機能とは

注釈をグループ化する機能も用意されている。スタンプや図形を複数選択し、右クリックメニューから「グループ」をクリックすればいい。プロパティからまとめて設定を変更したり、ドラッグ&ドロップで位置を変更したりできる。ただし、テキスト注釈はグループ化することはできない。

No image

スタンプや図形を選択して、右クリックメニューから「グループ」をクリックする

No image

まとめて移動したり、設定できるようになる。同じく右クリックメニューからグループ解除することも可能

注釈のプロパティ画面の「ロック」にチェックを入れると、編集ができなくなる。もちろん、チェックを外せば編集できるようになるのだが、複数選択時などに間違えて変更できないようにしておけるのだ。

No image

プロパティから「ロック」にチェックする。複数の注釈をまとめて設定することもできる

No image

ロックされた注釈の設定は変更できなくなる。変更する場合は「ロック」のチェックを外す

注釈が入ったPDFファイル見やすくしてみる

逆に、注釈が入ったPDFファイルを開く際、見やすく表示したいなら、「ツール」メニューの「環境設定」→「注釈」から設定を変更しよう。見た目の設定に加えて、ポップアップの表示や動作をカスタマイズできる。

たとえば、テキスト注釈のフォントやフォントサイズを変更するなら、「環境設定」→「注釈」→「注釈の表示」→「フォント」から設定する。標準フォントは「Segoe UI」でサイズは10ポイントとなっているので、プルダウンメニューから選択しよう。Windows 10に搭載されている「UDデジタル教科書体」も選択できる。

No image

標準フォントは「Segoe UI」でサイズは10ポイントとなっている

No image

「環境設定」の「注釈」を開き、「注釈の表示」→「フォント」をクリックする

No image

見やすいフォントとフォントサイズを指定して「OK」をクリックする

No image

フォントが大きく見やすくなった!

No image

ノート注釈の場合は「アイコン」もカスタマイズできる

ほかには、文書内に表示されているポップアップがどの注釈を示すのかわかりにくい場合、「マウスのロールオーバーで注釈アイコンとポップアップをつなぐラインを表示」を有効にすればいい。ディスプレーが小さい場合など、注釈リストが開いている時に注釈のポップアップは表示させないとか、マウスポインタを注釈の上に乗せるとポップアップが開くようにもできる。

No image

「注釈」の設定では、ポップアップの動作を細かくカスタマイズできる。自分が見やすいように設定しよう

■関連サイト

Acrobat DC

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
QWERTYキー搭載スマホ、Gemini PDA実機レビュー。キータッチは良好も、日本語入力にやや難あり
自分のパスワードが流出してないか調べられるサイト登場!パスワード使いまわしてない?
どんな家電もIoT化できちゃう便利なWi-Fiプラグ『ePlug」
バッテリーはどこへ? 普通のロードバイクにしか見えない電動自転車「Gain」
Googleの存在感、スマートディスプレイ、CES2018で見えてきたスマホの最新トレンド
  • このエントリーをはてなブックマークに追加