宮沢りえ ムーミンの声に挑戦、母の思い出重なる...アニメ映画のアフレコ

宮沢りえ ムーミンの声に挑戦、母の思い出重なる...アニメ映画のアフレコ

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/10/12
No image

映画「ムーミン谷とウィンターワンダーランド」のアフレコ収録を行った宮沢りえ=東京・アバコクリエイティブスタジオ

女優の宮沢りえ(44)が11日、都内のスタジオでアニメ映画「ムーミン谷とウィンターワンダーランド」(12月2日公開)のアフレコ収録を行った。宮沢が劇場版アニメで吹き替えをするのは、05年の「死者の書」以来12年ぶりで、今作では主人公のムーミントロールの声を担当する。

宮沢はムーミンの声を演じることに「子供の頃から慣れ親しんでいるキャラクター。ちょっとプレッシャーもあった」と明かし、この日は劇中の2シーンに挑戦したが、二つ目では「ちょっとかみましたね。もう1回!」と自ら撮り直しを志願するほどだった。

ムーミンには14年に亡くなった母・光子さんの思い出がある。宮沢は「子供の頃、母が『ねぇムーミン、こっち向いて…』の歌を私の名前に変えて歌ってくれていたんです。幼少期を思い出して胸がキュンとなります」と打ち明け、スタッフからムーミンのぬいぐるみが贈られると「うれしい。いやされます」と笑顔を全開させた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
菊地亜美の近影にファン騒然 衣装かぶりより深刻な「問題点」が発覚
16歳で出産した女子高生、整形女性器公開に続き“アナルプレイ”配信! 「最悪のリアリティスター」の声
花田優一の上から目線に「たった2年半の修行で人生を語るな」のブーイング
海老蔵 2人の子供がママへの思い祈り、現れたのは...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加