ソフトバンク上林が侍ジャパン入り「いい思い出を残して帰ってきたい」

ソフトバンク上林が侍ジャパン入り「いい思い出を残して帰ってきたい」

  • フルカウント
  • 更新日:2017/10/12
No image

ソフトバンク・上林誠知【写真:藤浦一都】

試合前の国歌演奏で代表を実感「恥じないプレーをしたい」

12日、ソフトバンクの上林誠知外野手が、甲斐拓也捕手とともに野球日本代表「侍ジャパン」に選出され、11月に東京ドームで開催される「ENEOSアジア プロ野球チャンピオンシップ2017」に出場する。

今シーズン、大きな成長を遂げた4年目の若鷹が稲葉ジャパン入りを果たした。韓国とチャイニーズ・タイペイを相手に戦う今大会の出場資格は24歳以下またはプロ入団3年目までの選手。上林にとっては仙台育英高校時代に出場した第26回18U野球ワールドカップ(2013年)以来の日本代表入りだ。

「素直にうれしいという気持ちはありますが、高校生の時にも一度選んでいただいて、あまりいい思い出がないので、いい思い出を残して帰ってきたいです」と、決勝でアメリカに敗れて準優勝に終わった4年前の雪辱に燃える。

「高校生の時にも試合前に流れる国歌を聞いていると、日本の代表としてやっているんだなと感じたので、恥じないプレーをしていきたいです」と、4年前に実感した日の丸の重みを感じながら「チームが勝てるようなプレーをしたいと思いますし、全部の面でアピールしていきたい」と意気込む。

さらに「いろんな選手が来ると思うので、監督を含めていろいろな方に話が聞ければと思っています」と、同世代の選手はもちろんのこと、監督・コーチ陣からも多くのことを吸収したい考えだ。

打撃フォームが現役時代の稲葉篤紀監督にそっくりと言われる上林は「稲葉監督の初めての大会なので、優勝を目指して頑張りたいです」と、憧れの人を胴上げするために全力で大会に臨む。

チームが日本シリーズまで進めば、上林にとっては『負けられない戦い』が続くことになるが、アジアを相手に戦うことは来季に向けた大きな財産となるはずだ。(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“ハマのプーさん”ことDeNA宮崎敏郎の武器「僕の右打ちは“あっち向いてホイ”です」
東海大高輪台vs都立葛飾野
高校野球ドットコム
FA取得大和&俊介を慰留へ 複数年契約提示も視野に
ソフトBモイネロ×ヤフオク×楽天は防御率0.00
阪神-DeNA、悪天候でも強行開催した理由とは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加