セルビアが2度目の決勝進出、ロシアに競り勝つ 男子バスケ欧州選手権

セルビアが2度目の決勝進出、ロシアに競り勝つ 男子バスケ欧州選手権

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/09/16

男子バスケの欧州選手権(ユーロバスケ2017)は15日にトルコのイスタンブールで準決勝の残り1試合を行い、セルビア(D組1位)が予選リーグで72―75と敗れていたロシア(D組3位)を87―79(25―20、23―14、18―23、21―22)で退けて雪辱。2位となった2009年大会(ポーランド開催)以来、4大会ぶりに決勝に駒を進めた。

No image

24得点を挙げて勝利に貢献したボグダノビッチ (AP)

セルビアは今季からNBAキングスに加わることになったシューティング・ガードのボグダン・ボグダノビッチ(25)が24得点を挙げ、ベンチから出たセンターのボバン・マリヤノビッチ(29=ピストンズ)が20分で18得点と6リバウンドをマーク。ペイント内のスコアで42―22、ベンチ・スコアで37―11と圧倒して勝利を収めた。

5大会ぶりの決勝進出を狙ったロシアは最大16点差をはねのけて、第4Qの残り4分に2点差まで急追。元ティンバーウルブスのガード、アレクセイ・シュベド(28)が33得点を稼いで奮闘したが、あと一歩及ばなかった。

これで17日の決勝はスロベニア対セルビアの旧ユーゴスラビア勢同士の対決となり、どちらが勝っても初優勝。敗れたロシアは同日行われる3位決定戦で前回覇者のスペインと顔を合わせる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
柴崎は「バルサのある選手に踏みつけられた」 ヘタフェ会長がピッチ状態への批判に反論
香川真司をHSV戦先発起用か。無敗継続中ドルト、指揮官は中盤のローテーション示唆
柴崎岳、芸術弾でメッシ超える高評価「テア・シュテーゲンの無失点記録を破る」
レスター岡崎が1ゴール1アシストの活躍 監督が絶賛「貢献度とインパクトを証明した」
衝撃ゴールに反応...リーガ公式、ツイッターに柴崎岳のある画像を投稿
  • このエントリーをはてなブックマークに追加