はしだのりひこさん 亡くなる10日ほど前に奇跡のギター演奏

はしだのりひこさん 亡くなる10日ほど前に奇跡のギター演奏

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/12/06
No image

はしだのりひこさん 遺影=京都市伏見区のセレマ稲荷シティホール(撮影・山口登)

2日にパーキンソン病のため72歳で亡くなった、フォークグループ「ザ・フォーク・クルセダーズ」のメンバーだった歌手、はしだのりひこ(本名・端田宣彦)さんの通夜が5日、京都市伏見区内で営まれ、ミュージシャン仲間ら約400人が参列した。

はしださんが高校時に最初に組んでデビューしたバンド「ドゥーディ・ランブラーズ」の田平義昭さん(73)と、藤原洪太さん(72)は、亡くなる10日ほど前に見舞った。藤原さんが、はしださんの楽曲「祇園の鳥居」をギターで演奏。喜んだはしださんはベッドの上で「貸してくれ」とギターを手にし演奏を始めたという。かなり衰弱しており、2人は「看護師さんが『奇跡が起こった』と驚いていた」と振り返った。

約20年前からパーキンソン病と闘い続けたはしださん。今年5月には急性骨髄性白血病を患った。元マネジャーの田所資裕さん(63)は「のりさんは闘う人でした」と、急性骨髄性白血病を発症した際も「わしは戦う」と抗がん剤治療を受けたことを明かした。

祭壇には愛用のギターや手書きの歌詞カードなどが並べられ、「風」「花嫁」「悲しくてやりきれない」などの楽曲が流された。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
森泉、結婚しない理由明かす
深キョン、"ダイビングのインストラクター姿"公開にファン歓喜「まさに人魚」!
JR東日本、原田知世CM復活で「面目丸つぶれ」危機の女性タレントとは?
カンニング竹山「相撲協会は貴乃花部屋を潰したいのか」発言が波紋!
森高千里「奇跡の48歳」を証明も、唯一隠せなかった部分とは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加