サンチェスに破格オファー?マンU、ベイルとグリエーズマンの獲得レース撤退か

サンチェスに破格オファー?マンU、ベイルとグリエーズマンの獲得レース撤退か

  • ゲキサカ
  • 更新日:2018/01/14
No image

マンチェスター・ユナイテッドは、アーセナルに所属するチリ代表FWアレクシス・サンチェス(29)を獲得できれば、2人のターゲットへの獲得には乗り出さない見込みだ。英『メトロ』が報じている。

今季限りでアーセナルとの契約が満了するサンチェス。新天地はマンチェスター・シティが濃厚とみられていたが、ここにきてライバルのユナイテッドが獲得に興味を示しており、週給35万ポンド(約5300万円)という好条件のオファーを準備しているという。これはプレミアリーグで最も高給取りとなる額だ。

ユナイテッドはこれまで、アトレティコ・マドリーのフランス代表FWアントワーヌ・グリエーズマン(26)、レアル・マドリーのウェールズ代表MFガレス・ベイル(28)獲得が噂されていた。だが、サンチェスを獲得した場合、両選手の獲得を止めるようだ。

サンチェスは関心を持ち続けてくれているシティか、好条件を提示してきたユナイテッド、それともアーセナル残留――。まず、この1月にどういった判断を下すのか注目だ。

●リーガ・エスパニョーラ2017-18特集

●プレミアリーグ2017-18特集

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
CR7 マドリー残留の条件
前代未聞のドーピング事件から考える「勝利の呪い」と依存症の恐怖
岡崎出場のレスター、3部との再試合はイヘアナチョ2発で勝利。FA杯4回戦に進出
レアル、135億円でC・ロナ放出を容認か。2009年以来のマンU復帰の可能性は...
サンチェスのマンU移籍の鍵を握る選手とは? 代理人が「彼の決断次第」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加