中国内モンゴルのお土産その2 その他編【中国】

中国内モンゴルのお土産その2 その他編【中国】

  • エンタメウィーク
  • 更新日:2018/02/15
No image

内モンゴルのお土産は乳製品の他にも、多種多様です。

「果条(グオティアオ)」は、素朴な万人向けのスナックで、牛乳と小麦粉と油でできています。
甘い味「甜味(ティェンワァー)」と塩味「咸味(シェンワァー)」がありますが、薄めの味付けです。
「炒米(チャオミー)」はキビからできていて、「奶茶」に入れて飲んだり、そのまま食べたりします。

No image

「马奶酒(マーナイジウ)」はモンゴルの伝統的なお酒です。
白濁している発酵型「发酵型(ファージャオシン)」と透明の蒸留型「蒸馏型(ジェンリウシン)」の2つのタイプがあります。
個性的な入れ物に入っているものも多く、お土産として見栄えがします。
ただ、あまり安すぎるものだと味はいまいちです。

インスタント「速溶(スーロン)」のミルクティー「奶茶(ナイチャー)」も売っています。
モンゴルでは塩味が標準ですが、甘い味のも売っていますので、お好みに合わせて選びましょう。
ただし、甘いほうでも私たちがイメージする普通のミルクティーとはちょっと違う風味です。

No image

「牛肉干(ニウロウガン)」は中国国内の友達、特に男性には喜ばれることが多いですが、検疫の関係で日本には持ち帰ることができないので注意が必要です。
500gあたり100元弱(1700円)くらいと、値段が高めなので、できれば味見しておいしいものを選びましょう。
乾いた硬い感じのもののほうをすすめられることが多いのですが、私個人としては柔らかいタイプのほうが食べやすくておいしいように感じます。

カシミヤ「羊绒(ヤンロン)」も有名です。
デパートだと高いので、専門直売店で買うほうがよいでしょう。
デザインがいまいちなものもありますが、好みのものが比較的低価格で見つかることもあります。
セーター・ベスト・コートは自分や家族用に、ストールなら友人も含めてプレゼントできるでしょう。
「羊绒」ではありませんが、服飾関連で変わりネタとしては、モンゴル民族の衣装などもあります。
自家用ならありなのかもしれません。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
昭和かよ! 小学校で保護者が言われた「ちょっと時代錯誤な指導」
【今週の運勢】2月19日(月)~2月25日(日)の運勢第1位は魚座! そまり百音の12星座週間占い
「萎えるのは君のせいだよ」――“セックスしない嫌がらせ”に耐える「レスハラ」の実情とは
「なぜ前職を辞めたのですか?」への答え方5選
【無印・ニトリ】意外な収納アイテムをおしゃれに使ってみた
  • このエントリーをはてなブックマークに追加