これがHONDAだ!! パチューカ本田、途中出場で圧巻ミドル弾の鮮烈デビュー!!

これがHONDAだ!! パチューカ本田、途中出場で圧巻ミドル弾の鮮烈デビュー!!

  • ゲキサカ
  • 更新日:2017/08/23
No image

FW本田圭佑が所属するパチューカは22日、第6節でベラクルス戦と対戦し、4-1で勝利した。移籍後初のベンチ入りを果たした本田は後半13分に途中出場してメキシコデビューを飾り、同28分に初ゴールを奪った。

前半14分に先制したのはホームのパチューカだった。左サイドからMFエリック・アギーレが送ったグラウンダーのクロスにFWアンジェロ・サガルが合わせたシュートは相手GKに一度は阻まれたものの、こぼれ球に反応したサガルが自ら蹴り込んでスコアを1-0とした。さらに同32分にはFWエドソン・プッチのミドルシュートのこぼれ球をMFビクトル・グスマンが押し込み、リードを2点差に広げる。

2-0とパチューカがリードしたまま後半を迎えると、後半8分にCKからグスマンが鮮やかなヘディングシュートを叩き込み、パチューカのリードは3点差に広がる。

後半13分に本田をピッチへと送り込むと、同28分に後方からのパスを受けて抜け出すと、PA外から左足のシュートでネットを揺らして移籍後初ゴールを記録。同34分にベラクルスに1点を返され迎えた同42分にはゴール前でボールを受けた本田が再び左足で狙うも、シュートは相手GKの守備範囲に飛んでしまった。

その後スコアは動かずにパチューカが4-1で勝利した。

●海外組ガイド

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「信じられないが事実だ」。本田を観戦に訪れた日本人ファンの行動にメキシコが驚嘆
ネイマール、クラブにカバーニの売却を要求...“PK騒動”が原因か
柴崎岳、芸術弾でメッシ超える高評価「テア・シュテーゲンの無失点記録を破る」
「日本のヒットマン」「リバプールに天罰を下す」 1G1Aと大暴れの岡崎慎司を英メディアが激賞
オリンピックを目指す選手の運動神経はマジでヤバい! ってことが45秒でわかる動画がこちらです
  • このエントリーをはてなブックマークに追加