バルサがコウチーニョ獲得に再挑戦へ! CEOが冬のオファーを示唆

バルサがコウチーニョ獲得に再挑戦へ! CEOが冬のオファーを示唆

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2017/10/12
No image

リバプールにおける存在感が日増しに高まっているコウチーニョ。バルサがこのブラジル代表MFを引き抜くのは容易ではない。 (C) Getty Images

バルセロナは今夏の移籍マーケットで交渉が難航した際、リバプールのフィリッペ・コウチーニョに、「移籍が実現しなければ、再び獲得に動くことはないと伝えていた」とも報じられた。しかし現地時間10月11日、バルサのオスカル・グラウCEOはコウチーニョについて1月の市場でも狙う用意があると述べている。

今夏の移籍市場でパリ・サンジェルマンにネイマールを引き抜かれたバルサは、コウチーニョの獲得に力を注いだ。選手当人も移籍を志願したこともあり、バルサはリバプールに複数回に渡ってオファーを提示。ドルトムントから獲得したウスマンヌ・デンベレの移籍金(1億500万ユーロ=約136億5000万円)を上回る額を支払う姿勢を示したが、放出を拒むリバプールを納得させられず、取引は破談に終わった。

交渉がまとまらず、一時は落胆したことが報じられたコウチーニョだったが、指揮官のユルゲン・クロップの励ましもあり、すでに気持ちを切り替えている。9月にはブラジル・メディアのインタビューで、「リバプールの成功に貢献したい」と意気込んだ。

実際にコウチーニョは、公式戦未出場となった8月とは一転し、9月のチャンピオンズ・リーグ(セビージャ戦)で復帰を果たすと、その後もプレミアリーグで3試合連続出場。直近の2試合では連続で得点を挙げるなど、改めてその存在感を見せつけている。

しかし、コウチーニョが活躍を続けるほど、バルサの獲得欲は高まり、その興味はより熱を帯びてきている。スペイン紙『マルカ』は、グラウCEOが11日の会見で、「1月にコウチーニョや他の選手とサインする準備がある」と明かしたことを紹介している。

バルサはこの日、2016-17シーズンの決算で7億800万ユーロ(約920億4000万円)の収益を上げたと発表。さらに17-18シーズンは過去最高となる8億9700万ユーロ(約1166億1000万円)の収益を目指すと明らかにした。

リバプールは今夏の交渉において、2億ユーロ(約260億円)を求めたとも言われているが、バルサはそれだけの大金を出してでもコウチーニョの獲得を目指すのだろうか。冬のメルカートに注目したい。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
レスター岡崎今季4点目 先発起用の期待に応える
“冷静な男”長谷部が見せた気迫のクリアをドイツ誌が絶賛「勇敢にライン上で救出した」
大食い王“もえあず脱落”に不満続出「ちょっと不平等」
3試合ぶりにスタメン出場の浅野が奮闘も...チームは完封負けで連勝ならず
途中出場のドルトムント香川は見せ場を作れず 長谷部はチームを救うビッグプレー披露
  • このエントリーをはてなブックマークに追加