大関はつらいよ栃ノ心1日の休みなく17日ぶり稽古

大関はつらいよ栃ノ心1日の休みなく17日ぶり稽古

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/06/14
No image

大関になって初の稽古後、右手首をアイシングしながら報道対応する栃ノ心

新大関の栃ノ心(30=春日野)が故郷ジョージアから再来日して一夜明けた13日、名古屋場所(7月8日初日、ドルフィンズアリーナ)に向けて都内の部屋で始動した。夏場所後から昇進行事や表彰などで多忙を極めた帰国と続き、休む間もなく迎えた大関初稽古。17日ぶりの稽古土俵は若い衆に約15分間で24番、胸を出し「つらいよ…つらい。自分の時間は1日もなくて1日も休めなかった」と疲労の色はありありだった。

嘆くばかりではない。故郷の歓待で大関の重責を実感した。「ここまで感じられなかったことを感じた。(故郷で自分を)知らない人はいないし、どこへ行っても『大関!』ってね。うれしかった」。夏場所で痛めた右手首は「ぶつかりも痛くて当たれない。早く治さないと」と不安も残るが新大関として早くも「とりあえず2ケタ(勝利)」と目標を定めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
白鵬ファンサービス徹底「合宿最後にいい稽古」
白鵬 長男・真羽人くんと夢の親子一番「いい稽古になった」
稀勢の里 徳島合宿打ち上げ 進退かかる名古屋場所へ「体作りもできた」
高安、横綱稀勢の里に3勝8敗も「いい環境で充実していた」 徳島合宿打ち上げ
稀勢の里、徳島での合宿打ち上げ「手応えある」 三番稽古で8勝3敗
  • このエントリーをはてなブックマークに追加