好調なレッドソックス打線 昨季45発男加入で厚み

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/04/17

レッドソックスは昨季打率・303、45本塁打、104打点のマルティネスが加入して厚みが増した。チーム打率、安打数、得点は現在、いずれもエンゼルスに次ぐ両リーグ2位。

3番ラミレスがリーグトップの15打点、1番ベッツが同3位の打率・353と好調を支えている。昨年WBCにオランダ代表で出場した5番ボガーツが左足首骨折で9日に離脱したが、てごわい打線に変わりはない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大谷をナMVP男も称賛「打席の中でアイデアがある」
羽生結弦 凱旋パレードに仙台熱狂!「仙台にただいま!と言えてうれしい」
メジャーではありえない!?高木菜那のノーバン始球式で見えた光景とは
巨人沢村、鬼の形相でガッツ!6回無死満塁で無失点
張本勲氏もタジタジ ゲスト出演の川藤幸三氏にレギュラーを望む声
  • このエントリーをはてなブックマークに追加