オーロラシーズン到来!ホワイトホースより。

オーロラシーズン到来!ホワイトホースより。

  • 地球の歩き方特派員ブログ
  • 更新日:2017/11/13

久しぶりのブログ更新ですみません!カナダ、ホワイトホースより一足早い冬の便りです。

11月に入り一段と寒さの増してきた現地ですが(平均で-10度くらいです)、

街でも徐々に観光客の方々を見かけるようになり、オーロラシーズンの到来を感じている今日この頃です。

No image

この夏は夕焼けを撮影するのにもハマっていました。これはユーコン川に映る夕焼けです。

これからホワイトホースに行こうかと思っている方、どこにオーロラを見に行こうか迷っている方、
今回の記事ではこの夏撮りためたホワイトホースのオーロラ写真で厳選したものを一気に出しますので、
ぜひご旅行の参考にしていただければ嬉しいです!

No image

こちらは日中の写真スポットとなっている、ホワイトホースの看板を入れたオーロラ写真です。

実はホワイトホース、オーロラとかで検索してもなかなかこの看板とオーロラというのがヒットしません。

というのも看板はだいたい街の近くにあってオーロラを撮影するには明るすぎる環境にあるため、

オーロラ撮影にはあまり適していません。もっと揺らいでるオーロラが取れればよかったのですが、

これが限界でした(笑)

No image

キャンプ中に見れるオーロラです。これは一年の中でもかなり限られた時期にしか撮影できないシチュエーションです。

というのも、ホワイトホースでは9月下旬頃には寒さも徐々に厳しくなってくるので、

日本でいうオートキャンプは9月中旬くらいまでが限度です。

対してオーロラは鑑賞するには暗さが必要で、ホワイトホースで白夜の落ち着いてくる8月中旬以降がオーロラ観測シーズンの始まりとなります。

ちょうどこの期間が重なる8月中旬から9月中旬までの1ヶ月弱がオーロラの下でキャンプができる貴重な期間なんです。

これは9月上旬ごろの写真です。

No image

この日は首が痛くなるほどのオーロラでした。

No image

日本では絶対にできないオーロラの下でのキャンプは格別です。焚き火を囲めばゆっくりと外でオーロラを待つことができます。

そして、

No image

こんな写真撮ったり、

No image

こんな写真撮ったり。

最後の写真はこれまでの自分のオーロラ撮影の中でもベストショットの一つです。

オーロラの下でカヌーに乗っている写真とかもあまり見たことがなかったので、
どうせならちょっと珍しいオーロラとの写真を撮ることがこの夏のテーマでした。
そしてこの冬も引き続きこれまで誰もやっていないオーロラとの撮影をテーマに撮影を続けたいと思います。

自分たちのツアーでも、イエローナイフでもない、北欧でもない、
ホワイトホースでしかできないオーロラとの写真撮影をテーマでやっているので、
もしご興味ありましたらお声掛けいただけると嬉しいです!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
人工光合成でCO2をギ酸に - 大阪市大がギ酸への光還元の効率化制御に成功
太陽系外から飛来した小天体「オウムアムア」は葉巻型で岩石質か金属質
「細長い!」長さ400m 太陽系外から飛んできたペンシル型天体
実験室で培養された”ミニブレイン(脳)”が解き明かす人間の独自性(米研究)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加