カバーニ ゴールで哀悼を表現

カバーニ ゴールで哀悼を表現

  • スポルト
  • 更新日:2016/12/01
No image

ゴール後にカバーニが見せたシャツ 画像提供:AFP

PSGに所属するウルグアイ人ストライカーのエディンソン・カバーニはリーグアンのアンジェ戦でPSGの2ゴール目を決めるとユニフォームを脱ぎ、インナーシャツに書かれたメッセージを見せ、コロンビアで起き墜落事故により亡くなったシャペコエンセの犠牲者に捧げた。

67分、レフェリーのスナイデルがPKをPSGに与えると、カバーニがこれをマシュー・ミケルが守るゴールに突き刺した。するとカバーニはユニフォームを脱ぎ、シャペコエンセのロゴと“強く”という言葉が書かれたインナーシャツを空を見上げながら誇示した。

しかし、カバーニのこのゴールセレブレーションに対してレフェリーのスナイデルはイエローカードを提示し、その数分後にはPSGの監督ウナイ・エメリによって交代されている。賛否両論あるかもしれないが、カバーニがこの悲惨な事故の犠牲者に哀悼の意を表したのは紛れもない事実である。

なお、2−0で試合は終了し、エメリ率いるPSGがホームのパルク・デ・プランスで勝利を収めている。

No image
No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
CS決勝の判定で物議...家本政明主審がSNS閉鎖「これまで多々我慢してきましたが...」
2度目のクラシコに挑むジダン。優勢の声に「この試合に有利不利は存在しない」
クラシコ 先発メンバー発表
「ゲス不倫」、流行語トップ10に 文春記者がマスク姿で登場「僕らも商売」
墜落事故生存者「死にたい」

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加