小中学生の理数学力、平均点上昇で過去最高に

  • TBS News i
  • 更新日:2016/11/30
No image

小中学生の算数・数学と理科の習熟度を調べる国際調査で日本は小中学生ともに前回の調査と比べて平均点が上がり、過去最高となったことがわかりました。

IEA=国際教育到達度評価学会が去年、小学4年と中学2年を対象に実施した算数・数学と理科の知識や習熟度を調べる調査結果が公表され、日本の小学4年の平均点は算数が593点で、およそ50か国中5位。理科は569点で3位でした。一方、中学2年の平均点は数学が586点で、およそ40か国中5位、理科は571点で2位でした。

この調査は4年に1度行われていますが、前回の2011年の調査と比べ、日本の小中学生はすべての教科で平均点が上昇し、過去最高となりました。文部科学省は小学生の算数と理科の授業数を大幅に増やし、実験や観察を積極的に取り入れた現在の学習指導要領が2009年から始まったことなどが成績の向上に結びついたと分析しています。

今回の結果では、シンガポールが全てにおいて1位でした。(29日21:44)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大型トラックにはねられ小2死亡 「79歳のアルバイト」に同情する人も
車のタイヤが外れ直撃...重体の女性が死亡
トレーラー横転 隣の車が産廃の下敷きに
“ストーカー行為”で職質中...19歳男性飛び降り死亡
飲酒運転隠すため飲酒...被害少年が恐怖語る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加