立ちっぱなしで足が疲れたら! すぐに実践したい簡単ストレッチ

立ちっぱなしで足が疲れたら! すぐに実践したい簡単ストレッチ

  • MYLOHAS
  • 更新日:2019/09/11

運動しているのに、体の疲れが取れない。休息を取っているのに、いまいち調子が上がらない。それはもしかしたら人間本来の体の使い方をしていないからかも?

これまでのべ18万人以上の患者の体を治療してきた、「仲野整體(整体)東京青山」院長の仲野孝明さんに、正しい体の使い方を学びます。

No image

立ち仕事で疲れないコツは、全身に血液をめぐらせること。

そのためにもっとも働いてくれるのが「ふくらはぎ」です。ふくらはぎは「第2の心臓」といわれ、下半身にたまった血液をポンプのように心臓に戻す働きがあります。ふくらはぎが固まって血流が滞ると、疲れがたまる一方なのです。

ふくらはぎのストレッチには、「靴の中で足指ストレッチ」を行いましょう。やり方は簡単。靴の中で積極的に足指を動かすだけ! 疲れたな、と感じたら足指を動かして血液を心臓に戻しましょう。

また、つま先立ちも効果があります。電車の中で立っているとき、歯磨きの最中、皿洗いをしているとき、列に並んでいるときなど、つま先立ちをしてふくらはぎのポンプを動かすことを意識して。

30日間の「カラダ改革」をもっと見る

調子いい! がずっとつづく カラダの使い方 (Sanctuary books)

1,404円

購入する

足がつらいときは

命にも関わる「足のむくみ」4つの原因。片足だけ太くなるのは危険信号

ふくらはぎがパンパン! 足のむくみをスッキリ解消する方法

調子いい!がずっと続く カラダの使い方』(サンクチュアリ出版)
18万人以上を治療した姿勢のスペシャリストが贈る、現代のお疲れ女子を救う一冊。立ち方、座り方、歩き方、持ち方など、基本の動きをちょっと変えるだけでカラダがラクになるコツを紹介しています。しかも全ページにイラスト解説入りで、見るだけで正しいカラダの使い方がわかるスグレモノ。肩こり、腰痛、頭痛、婦人科系トラブル、季節の疲れなどに悩む女性に、やさしく寄り添う内容になっています。運動なんてハードル高い……そんな方にまず読んでほしい本です。

仲野孝明(なかのたかあき)さん
姿勢治療家®、仲野整體東京青山院長。1973年三重県生まれ。大正15年創業、のべ180万人以上の患者数と、合わせて3度の褒章受賞・綬章受勲を誇る仲野整體の4代目。自身もこれまで0歳から108歳まで、のべ18万人以上の患者を治療する。“人間本来の正しい体の使い方”から治療することで、全く運動をしてこなかった女性が3ヶ月後にフルマラソンを完走するなど、人生が変わる患者が続出。モットーは「姿勢が変わると、人生が変わる」。セミナーやメディアなどでも注目を集めている。著書に『一生「疲れない」姿勢のつくり方』(実業之日本社)などがある。

イラスト/しまはらゆうき

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
エリートも知識人も、これからは「嘘をつく人」が真っ先に淘汰される
犬が信頼していない人によくする行動4つ
パンサー尾形、何度も車屋に通うも...衝撃の事実に一同絶句「えっー!」
西内まりや、写真加工をやめた結果 ファンは衝撃「これやばい...」
無印のパスポートケース、「さらに別の使い道」で人気。 SNSでも「いいね」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加