宮原復帰一夜明けも手応え「気持ちがすごく元気」

宮原復帰一夜明けも手応え「気持ちがすごく元気」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/11/13
No image

エキシビションで演技する宮原(撮影・山崎安昭)

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦NHK杯最終日が12日、大阪市中央体育館で行われた。女子5位の宮原知子(19=関大)はエキシビションに出演し、次戦を見据えた。

宮原はフリーから一夜明け、心地良い疲労を実感した。左股関節疲労骨折を経て11カ月ぶりの実戦復帰に「疲れている部分はあるんですけれど、気持ちがすごく元気で、思ったより疲れていないです」。5位の結果や内容を前向きに捉え「計画よりも少し早めの仕上がり。このままうまくいけば、計画通りにいくんじゃないかと思う」と笑った。

エキシビションでもジャンプ3つをきっちりと決め、見据えるのはGP第6戦のスケートアメリカ(24日開幕、レークプラシッド)。先月上旬には16年リオデジャネイロ五輪卓球女子団体銅メダルの石川佳純(全農)と食事し「勝つことを狙いすぎて力むとダメ」と助言を受けた。「フィギュアにもつながる」とはやる気持ちを抑えながら、演技の完成度を高めていく。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
羽生結弦の五輪危機に連盟が画策する“屈辱の代表入り計画”
白岩優奈「コストナーさんは私の倍、生きている」
三原舞依、全日本へ「考えるより、行動に移したい」
白岩優奈「脳みそココナツジュース」に発奮もバテた
舞依、挽回ならず4位 SP反省...フリーはノーミス演技も5位
  • このエントリーをはてなブックマークに追加