海外のテロなどで死亡した遺族に弔慰金 30日施行

海外のテロなどで死亡した遺族に弔慰金 30日施行

  • テレ朝news
  • 更新日:2016/11/30
No image

海外で日本人がテロに巻き込まれて死亡するなどした場合、国が遺族に弔慰金を支払う法律が30日から施行されます。

「国外犯罪被害弔慰金支給法」は、2013年にアルジェリアで日本人10人が死亡したテロ事件を受け、犯罪被害者支援の一環として6月の通常国会で成立しました。海外でテロ事件や殺人事件に巻き込まれて死亡した日本人の遺族に200万円が支払われます。また、重い障害が残った人には見舞金として100万円が支払われます。ただ、外務省が渡航中止勧告を出していた国や地域での被害については、政府の判断によって支給の対象から外れる可能性があります。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
トランプ氏の批判に中国外務省が反論
ベトナム、南沙諸島の岩礁でしゅんせつ作業開始 衛星画像で判明
大気汚染対策の切り札「ミスト砲」は無用の長物?!専門家が批判―中国
和服とチャイナドレス、美しいのはどっち?―中国ネット
来日中国人が日本の医療費を不正受給している...国民健康保険に加入できる「経営・管理ビザ」を悪用!?

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

おすすめの特集

おもしろい・役立つ記事をピックアップ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加