鹿島の名スカウトが見抜いた”ヤンチャ坊主”の真の姿。大卒新人・山口一真への特大の期待値

鹿島の名スカウトが見抜いた”ヤンチャ坊主”の真の姿。大卒新人・山口一真への特大の期待値

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2018/01/12
No image

仕掛けて良し、打って良しのアタッカーは1年目からの活躍を目論む。写真:森田将義

No image

鹿島入りを果たした山口。須佐監督の粘り強い指導のもと、精神的なタフさを身に付けた。写真:森田将義

要注目のタレントが、常勝軍団に加わった。

鹿島アントラーズ入団内定のFW山口一真と、ギラヴァンツ北九州入団内定のMF藤原奏哉の合同記者会見が11日にふたりの所属する阪南大学で行なわれた。

指導者には、選手を預かる際に「この選手は、必ずプロに送らなければいけない」と感じる選手がいるという。それが、「Jリーグで名のあるチームから声を掛けてもらったことがとても嬉しく、入団を決めました。自分の売りのシュートやパスや、ドリブルで1年目からチームに貢献したい」とプロ入りへの意気込みを語った山口だ。

須佐徹太郎監督がこれまで預かってきた選手の中でも、トップクラスの才能を持つ選手だった。左右両足から繰り出すキックの質は一級品。クオリティの高いドリブルとパスを駆使し、攻撃的なポジションならどこでもこなす万能ぶりで大学ナンバーワンアタッカーと称されてきた。鹿島への入団が決まった際に、須佐監督が「これで吉永に顔向けができる」と山梨学院高時代に山口を指導した吉永一明氏(現・アルビレックス新潟シンガポール監督)の名を挙げ、安堵の表情を浮かべていたのが印象的だった。

【PHOTO】2018Jクラブ・新卒入団&昇格内定~大学編

溢れんばかりの才能を持つ一方で、大学での4年間は持っている能力の全てを出し切れたとは言い難い。活躍を阻害していたのは、ピッチ外での言動だ。大学2年生の時は、寝坊が原因で、インカレで10番を授かりながらも、出場機会を得ることができなかった。以降も、本能のまま行動してしまう悪癖が顔を覗かせ、チーム内で決められたルールを守れないこともしばしば。しかし、学年が上がるにつれて、メンタル面も大きく成長した。

「いろいろ怒られたことも、大人になるにつれ、“そら怒られるわ”と思うことばかりだった。怒ってもらって、有難かった。年を重ねるごとに大人になっているというか、人間らしくなっているのかなと自分では思う」(山口) 最終学年に入って、3歳年下の実弟である拓真が阪南大に入学した点も彼を変えたきっかけのひとつ。「兄貴なんで、弟にもプロになってほしい気持ちはある。アイツは俺のプレーを一番見ていると思うので、俺のプレーが良くなかったら、目標を失ってしまう。だから、プレーで手本を見せることを練習から意識してきた」というほど、弟の存在は大きな影響を与えた。

プレー面でも、「大事な所で勝ち切れなかったり、ゴールが決められなかった。もっと、ああしていれば良かったとか後悔ばかり」ではあったが、阪南で過ごした4年間で、プレーの質が変わったのも確か。「須佐監督の哲学を学んで、考えが変わった。高校の時は自分が点を獲ることだけを考えていたけど、サッカーはやっぱりチームスポーツなので、チームのために動くことを教えてもらえた」(山口)。特に大学4年目に見せたハードワークの意識は、周囲のそれを凌駕。他のJクラブスカウトが「キャラクターで勘違いされているけど、山口君はサッカーに対して誰よりも真面目だと思う」と評するほどだった。

柳沢敦、小笠原満男、内田篤人、柴崎岳など、これまで数多くの日本代表選手を発掘してきた椎本邦一スカウト担当部長が「やんちゃ坊主と言われるけど、人の目を見て話せる純粋な子。技術とサッカーのIQが高く、攻撃のポジションなら、どこでもできる。大学卒を獲るのは即戦力と思っているので、期待しています」と話すように、1年目からの活躍が期待されている。山口の意欲も十分で「試合に出場して、小さい頃から憧れだったJリーグで初ゴールを奪いたい」。羽ばたくための準備はできている。あとは、数多くのサッカー関係者が認める才能をJの舞台で存分に発揮するだけだ。

取材・文●森田将義(サッカーライター)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
井手口陽介スペインデビューに「楽しい時間だった」
[日本高校選抜選考合宿]青森山田DF蓑田広大(3年)「選手権、個人的には出し切るものは出し切れたので後悔は無いです」
森保日本神谷主将ら反省「この経験生かせるか」
松井大輔がレシーバー目線で語る日本人“名パサー論” 「走ればボールが来る」至高の感覚とは?
ハリルの戦術だけではダメ! W杯で期待したい“大人のサッカー”とは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加