仏版『シティーハンター』で思う、なぜ冴羽獠がモテるのか?

仏版『シティーハンター』で思う、なぜ冴羽獠がモテるのか?

  • 日刊SPA!
  • 更新日:2019/11/22

―[モテる映画工学]―

~映画『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』~

No image

©AXEL FILMS PRODUCTION – BAF PROD – M6 FILMS

◆高いスーツを買うより胸板を鍛えよ。冴羽獠のような体になればモテモテ

主人公の冴羽獠は裏の世界の凄腕スイーパー(=始末屋)で、相棒の香とともに仕事をこなしている。仕事の依頼は美女からか「心が震えたとき」にしか受けない。シティーハンターは、おっさん世代の心に刻まれている人気マンガの一つだ。

今回はフランスで実写化されることになった。獠と香のもとに、その香りをかいだ者を虜にする“香水”を48時間以内に奪回するという危険な任務が持ち込まれる。人気マンガの実写化はオリジナルのファンから酷評されがちだが、この映画は原作への愛が感じられ、かなり忠実な再現になっている。

僕が思うに、シティーハンターの魅力は漫画家の北条司氏が描く冴羽獠や、登場する美女たちのビジュアルが大変にかっこいいことである。人は見た目が9割。冴羽獠はめちゃくちゃいい体をしている。

鍛えられた大胸筋、逞しい腕で銃を構える。出てくる美女たちの肉感もゴージャスである。そして映画でもちょうどいいマッチョの俳優が獠を演じる。細身のパンツに赤いTシャツ、かっこいいシンプルなジャケットを羽織る、王道のモテファッションだ。

私事で恐縮だが、僕はいろいろストレスなどで太ってしまっていたのだが、4月からダイエットを始め、10㎏減に成功した。ジムに通い、ベンチプレスで大胸筋を鍛え、デッドリフトで背筋、スクワットで脚を鍛えている。

筋トレが生活の一部になり、だんだん体が変わってきた。服も似合うようになってきて、鏡を見るのも楽しい。女の食いつきも明らかに良くなったように思う。高いスーツを買うより厚い胸板を手に入れよ!

―[モテる映画工学]―

【藤沢数希】

理論物理学研究者、外資系金融機関を経て、作家。メルマガ「週刊金融日記」は読者数1万人、ツイッターのフォロワーは14万人を超える。最新刊『損する結婚 儲かる離婚』が発売中

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
アプガ新井愛瞳の主演作「セブンティーンモータース」公開、古賀哉子ら共演
タイ、オーストリア、日本が舞台の映画ぬくもりの内側がバンコクでクランクアップ
幽霊美女の裸踊りを延々と見せられる恐怖 徹底的にくだらないエロティックホラー「死霊の盆踊り」予告
神木隆之介、浜辺美波、中村倫也らが挑む“新感覚ミステリー” 『屍人荘の殺人』本日より公開
ぞわっ...... 清水崇監督が実在の心霊スポットを映画化した『犬鳴村』 “視線”を感じる不穏なポスタービジュアル解禁[ホラー通信]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加