政府が公開した“出産マップ”に女性たちが憤慨「もうSEXなんてしない!」

政府が公開した“出産マップ”に女性たちが憤慨「もうSEXなんてしない!」

  • 日刊サイゾー
  • 更新日:2017/01/11
No image

彼女たちの唱えたシュプレヒコールは、こんな感じだ。

「女性の人権は無視するくせに、出生率は重要視するのか」
「私は子どもを産むロボットじゃない」
「私の子宮は国家のモノではありません」
「女性の中絶が違法なら、男性のオナニーも殺人」

女性たちの怒りの矛先はズバリ、政府である。政府は昨年12月末、「低出産克服プロジェクト」という政策の下で作成された「出産マップ」を公開した。全国の出生率統計と出産支援サービスを案内する「出産マップ」は、少子化に対する国民の意識を高めるために企画されたという。

さらに、20~44歳の妊娠可能期の女性が各地域にどれだけ居住しているかを示す“妊娠可能期女性数”も掲載。「京畿道(1位)232万164人」「ソウル(2位)198万5977人」といった具合に、順位までつけられている。簡単にいうと、「実は妊娠可能な女性が、こんなにもたくさんいますよ」と知らせ、地域間の出生率競争を煽ることが目的なのだ。

これを見た女性たちの間では、当然ながら大不評。SNSでは「『なぜ妊娠しないの?』と責められているみたい」「政府からセクハラされた感じ」「政府が進んで性犯罪を助長するようなもの」「だったら『健康な精子マップ』も作るべきでは?」といった批判の声が相次いだ。

その上、「もともとは生理・初経の統計も入る予定だったらしい」「このプロジェクトは、女性器を意味する隠語“ボジ”と、『ポケモンGO』を合わせて“ボジモンGO”と呼ばれていた」といったうわさも流れ、炎上が拡大した挙げ句、デモに発展したというわけだ。

「女性を出産の道具として見ている」という抗議が殺到すると、政府は「出産マップ」を掲載していたホームページを急遽クローズ。関係者によると、内部では議論が続いているそうだ。

ただでさえ最近の韓国では、“女性嫌悪”が社会的な問題となっている。昨年は江南駅で、犯人の男となんら面識のない女性が通り魔的に殺害される事件まで起きた。そんな背景もあってか、女性たちの怒りはすさまじい。

韓国を「地球上で真っ先に消え去る国」と指摘するイギリスの研究機関もあるだけに、少子化は深刻だが、こんなやり方では問題解決とはならないだろう。
(文=S-KOREA)

■参考記事
・「地球上で真っ先に消え去る国は韓国」…3年後に迎える“人口絶壁”の原因は
http://s-korea.jp/archives/9143?zo
・“女性嫌悪”が招いた最悪の通り魔殺人事件、その残酷すぎる犯行動機とは
http://s-korea.jp/archives/6002?zo

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【ビデオ】米国で約280億円の大豪邸、12台の高級車付きで売り出し中!
小児性愛者の男に小学生の娘を抱かせては金をとっていたストリッパーの母(米)
中国人観光客に「パリ離れ」の動き、日本人や韓国人も大幅減少―英紙
人間、やめますか? ― ハードドラッグにハマった女性たちの顔面激劣化(モンスター化)がヤバい!
停戦合意定着できるか、シリア和平協議始まる

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加