薮田 手応えバッチリ CS“開幕投手”へ「不安なくなってきた」

薮田 手応えバッチリ CS“開幕投手”へ「不安なくなってきた」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/10/16
No image

力投する薮田(撮影・吉澤敬太)

「練習試合、広島15-2JR西日本」(11日、マツダスタジアム)

広島の薮田和樹投手(25)が11日、CS前最後の調整登板となるJR西日本との練習試合に先発し、6回4安打1失点にまとめた。シーズン終盤に課題だったフォームのバランスを取り戻し、短期決戦に向け準備を整えた。

大きく息を吐くと、薮田は前を見据えた。CS前最後の実戦登板は6回4安打1失点。「感覚は良かったと思う。中盤以降はストライクが投げられたし変化球の精度も上がった」。手応えをつかんだ91球だ。

9月23日・巨人戦以来の登板。序盤は手探りの投球から制球にも乱れがあった。二回は死球が絡んで1失点。三回も9番の先頭打者に四球を与えた。それでも右腕を振りながら修正を図った。

シーズン終盤は疲れなどの影響でフォームのバランスを崩した。本来はノーワインドアップだが、走者がいなくてもセットポジションから投げることがあった。この日はすべてノーワインドアップ。「不安要素はなくなってきた」。取り戻した安定感に胸をなで下ろした。

緒方監督は「まだわからない」と明言を避けたが、中6日で18日のCSファイナルS第1戦に向かうことが濃厚だ。今季15勝3敗で初めて最高勝率のタイトルを獲得した右腕にポストシーズンの初戦を託す。

「楽しみな部分が大きい。シーズンと同じように入っていきたい」。大一番へ向け、薮田は言葉を紡いだ。間もなく始まる日本一を目指した戦い。背番号「23」がチームに推進力をもたらす。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
阪神・掛布前2軍監督、“オーナー付アドバイザー”正式受諾へ 27日就任会見
増田 珠(横浜)「日本一熱い表現者、目指す選手像は決まっている」
昨年プロ入りを果たした高卒選手たちのプロ1年目。存在感を見せつけたのは藤平尚真と細川成也
あえて関西のマイナー大学を選んだ男が「低い構え」でドラフトを待つ
【小関順二のドラフト指名予想】広島東洋カープ編 「黄金時代へ 需要に合ったドラフト戦略を」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加