【インタビュー】舞台「脳内ポイズンベリー」市原隼人「役者として本来の仕事ができるのが舞台。初心に返って、一つ一つ繊細にアプローチしていきたい」

【インタビュー】舞台「脳内ポイズンベリー」市原隼人「役者として本来の仕事ができるのが舞台。初心に返って、一つ一つ繊細にアプローチしていきたい」

  • エンタメOVO(オーヴォ)
  • 更新日:2020/01/31

吉田役の市原隼人
-2015年には映画化もされた大人気漫画を原作とした舞台になりますが、出演が決まったお気持ちからお聞かせください。
-舞台のどのようなところに役者としての必然性を感じているのですか。
-「舞台は特別なもの」というお言葉もありましたが、市原さんにとって、舞台に出演することは挑戦の意味合いが強いんでしょうか。
-原作、脚本を読んだ感想は?
-原作を読まないのはどうしてですか。
-では

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加