中国経済の減速懸念が和らぎ一時17000円回復

中国経済の減速懸念が和らぎ一時17000円回復

  • FISCO
  • 更新日:2016/10/19
No image

株式会社フィスコ

[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;16987.16;+23.55TOPIX;1357.15;+0.58

[後場の投資戦略]

日経平均は6営業日ぶりに節目の17000円を捉えてきているが、心理的な上値抵抗意識もあり、レンジ上限での攻防が意識されやすい。米国では決算が本格化するなか、インテルは10-12月見通しが慎重だったとして時間外で下落に転じている。これが重しとなるほか、米大統領選の候補者による第3回テレビ討論会も予定されており、ドル円相場に影響を与える可能性もあるため、方向感を掴みづらくさせよう。

とはいえ、足元では需給状況は良好であり、押し目買い意欲は根強いと考えられる。上値は17000円がカベとなる可能性があると考えられるが、ショートポジションは避けたいところである。
(村瀬智一)

<MA>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「富裕層」って一体どういう人たちなのか?
東京メトロ、銀座一丁目駅に全国3例目のふるさと納税支援自動販売機を導入
ポケモンGOの「近くにいるポケモン」機能、テストを世界各地に拡大
10年で「資産ゼロ」から「年間家賃数億円」はどうすれば実現可能なのか?
メルセデス Xクラス にカスタマイズ版、テーマは「冒険」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加