広島平岡、フリー打撃で首脳陣から高評価/新顔通信

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/02/14

<第3クール終了:広島新顔通信>

2軍キャンプに参加するドラフト6位の平岡敬人投手(22=中部学院大)は14日、フリー打撃を行った。

10日は1軍のキャンプ地・天福球場のブルペンで投球練習を行い、首脳陣から高い評価を受けた。畝投手コーチは最も目に留まった投手を聞かれ「平岡。低めに良い真っすぐを投げていた」と褒めた。まだ真っすぐ主体の投球練習のみにとどめている現状から即昇格とはならなかったが、1軍首脳陣に片りんは見せた。

ほかにも同2位の山口翔投手(18=熊本工)や同5位の遠藤淳志投手(18=霞ケ浦)らも首脳陣から高い評価を受けた。同3位のケムナ誠投手(22=日本文理大)は同日、ブルペン投球を行わなかった。【広島担当 前原淳】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
住吉都さん死去 結城コーチ「悩んでいるというのは知っていた」
畠山は引退危機から救われた。監督・コーチ・選手が語る「青木効果」
デイリーvs小倉智昭氏 メダル予想の軌跡 通算2勝1敗3分け デイリーがリード
カーリング女子 カナダに完敗「みんなパニックになってしまった」
ひそかに寄せる期待の表れ? 「監督と同じ」背番号の選手たち
  • このエントリーをはてなブックマークに追加