エストニアで前代未聞の珍ゴール。試合開始14秒、一度も触らず先制点

エストニアで前代未聞の珍ゴール。試合開始14秒、一度も触らず先制点

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2017/08/11
No image

エストニアで前代未聞の珍ゴール【写真:Getty Images】

エストニアで前代未聞の珍ゴールが生まれた。『ESPN』など複数メディアが取り上げている。

“事件”が起きたのは、9日に行われたエストニアカップ3回戦のゲーム。開始14秒、エストニアの名門レバディアは、誰一人ボールに触れないうちに先制した。

パイデのキックオフでスタートしたこの試合。まずはボランチがボールを受けると、左後方のマルティン・カセへパス。ここから横パスで中央へつなぎ、CBの選手がバックパスをした。GKが左サイドにはたいたボールを、カセが再びバックパスすると、ゴールの枠を外していたGKの横を抜けたボールがそのままゴールに吸い込まれている。レバディアの選手はボールに触れることなく先制した。

エストニアリーグ公式サイトによると、3-1でレバディアの勝利に終わったこの試合の観客数はわずか212人。だが、公式のYouTubeでは視聴回数がすでに8万回近くに達しているほか、ツイッターなどのSNSでも動画が広く出回っている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
中村俊輔が振り返る自身の転機――ドイツW杯で突き付けられた力不足、そしてセルティックとの幸福な関係
コスタの獲得 絶対条件は謝罪
悩める天才ウィルシャーが激昂 両軍入り乱れる乱闘で一発退場、通路でも小競り合い
内田ドイツ2部ウニオン移籍、決め手はケラー監督
「アツトに心からの感謝を」内田篤人、7年過ごしたシャルケに別れ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加